ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bogardan Hellkite / ボガーダンのヘルカイト (6)(赤)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

瞬速
飛行
ボガーダンのヘルカイトが戦場に出たとき、好きな数のクリーチャーとプレイヤーとプレインズウォーカーの組み合わせを対象とする。ボガーダンのヘルカイトはそれらに、5点のダメージを望むように割り振って与える。

5/5

戦場に出たときに炎を撒き散らす時のらせんドラゴン

かつて存在した5点割り振り火力には中途半端な液状の火/Liquid Fireしか無かったが、それと比べてかなり優秀。2マナ重いとはいえ、インスタント・タイミングで好きな数の対象に割り振れて、さらに5/5飛行まで残る。過去の割り振りタイプの火力と比較すると、この重さでも多大なアドバンテージを期待できるため、かなりのコスト・パフォーマンスといえる。

強力ではあるが、8マナは普通のデッキにとっては重い。しかしそのカードパワー故に、様々なデッキでフィニッシャーを務めた。ウルザトロンビッグ・マナ等の豊富なマナが確保できる低速デッキでは素出しで、特に時のらせんブロック構築ビッグ・マナにおいては睡蓮の花/Lotus Bloomケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keldによって4ターン目の戦闘中に呼び出すという豪快な使われ方をしている。また、ドラゴンの嵐/Dragonstorm(→ドラゴンストーム)やリアニメイト(→昇竜拳)によってコストを踏み倒して使われることもしばしば。特にドラゴンの嵐では4体召喚されて瞬殺される場合もあり、極めて強力。

[編集] 参考

MOBILE