リアニメイト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

リアニメイト(Reanimater / Reanimation)は、墓地からクリーチャー(まれに、他のパーマネント)を直接戦場に出すこと。または、そのような呪文能力デッキの総称。アニメイトリアニリアニメイターとも呼ばれる。語源は英語の「Re(再び)」「Animate(魂を吹き込む)」から。再活性/Reanimateというそのまんまなカードもある。


Reanimate / 再活性 (黒)
ソーサリー

墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。あなたは、そのマナ総量に等しい点数のライフを失う。


目次

[編集] 概要

リアニメイトの魅力は、フィニッシャークラスのパーマネントのマナ・コストを完全に無視しながら比較的早い段階で戦場に出せることにある。普通「出れば強いけど重くて使えない」と見向きもされないクリーチャーやエンチャントを存分にこき使えるというわけである。

古えの動く死体/Animate Deadしか無かった頃から存在するデッキタイプだが、実戦的なデッキへと仕上がっていったのは、ウェザーライトにて生き埋め/Buried Aliveが出てきてから。弱点の多いデッキだが、早いターンから超大型のファッティで殴ったり、システムクリーチャー戦場を支配できる快感に取り憑かれたプレイヤーは少なくなく、その後も定期的に実戦的な釣り竿が収録されたこともあって、現在ではメジャーなデッキタイプの一つとして認識されている。

デッキカラーは時代によって様々だが、クリーチャーリアニメイトの軸となる釣り竿を最も擁しているのはであるためエンチャントやアーティファクト、プレインズウォーカーを釣るのでないのならば大抵は黒系デッキとなる。

[編集] 特徴

ベーシックなタイプのリアニメイトは、軸となる機構が釣り竿、フィニッシャー級のクリーチャー(あるいはパーマネント)、墓地肥やし手段(最初期はディスカード・フェイズを逆利用することすらあった)の3つのみで成立し、大がかりな手順は必要としない一方、「決まれば勝ち」という一撃必殺の破壊力を持ち得ないことも環境次第では起こりうる。そのためコンボデッキとして先鋭化するか、他のデッキタイプ(ビートダウンコントロール)の要素を併せ持たせ、勝利手段を複数付与するのがデッキビルド上での定石となっている。

また、クリーチャーの高性能化や共鳴者・自己切削能力系カード等強力な墓地肥やし手段が増加したことをデザイン的に踏まえてかテンペスト・ブロック時代は2マナ~3マナ程度であった釣り竿も、2005年下半期頃以降は4~5マナ以上を支払わなければ無条件でのリアニメイトは困難なように調整を受けており、スタンダードでは速攻系地雷コンボデッキとしてはもはや成り立ちえず、そういった点でもやはり他のデッキタイプの要素を持つことは重要となっている。

プレイング的に一気に大型クリーチャーや大量のクリーチャーを展開するという性質から、どの時代でもシェアを大きく占めるビートダウンデッキに対しては(序盤に決まった時は言うまでもないが)後半からの逆転も容易であり優位に立ちやすい。釣り上げるクリーチャーは色を問わないため選択肢は幅広く、ボードコントロールに長けたクリーチャー、除去に強いクリーチャーなど、サイドボーディングによるメンバーチェンジを含めてメタゲームに応じたクリーチャーを投入することによりデッキの流行性に的確に対応できる点もリアニメイトの魅力の一つと言えよう。

ベーシックなタイプのリアニメイトとはまた別に、自身をリアニメイトする能力を持ったクリーチャーを利用するタイプのリアニメイトデッキも存在する。タイプとしてビートダウンデッキ寄りとなるかコントロールデッキ寄りとなるかはそのリアニメイトクリーチャーの性質によるところが大きいが、いずれにしても、釣り竿が必要ない代わりに元々クリーチャーが墓地から自力で這い上がってくる能力を持っている必要があることから、デッキの特性はやや変わった方向へと寄りがちとなる。

他方、対策を考えた場合、釣り竿自体を封じれば相当リスクを減らせるため、カウンターには弱い傾向にある。また、少数のクリーチャーを釣る場合、コストがネックとなって手札から唱えることが難しいクリーチャーが使われることも多いので、釣り上げたクリーチャーをバウンスされると相当堪える。呪禁速攻持ちのようなバウンスに強いクリーチャーを使ったり、あるいはカウンター・バウンスともにが主体なことを逆手に取ったりするなど、対策を用意しておきたい。

青いカード以上にリアニメイトデッキにおいて危険な障害となるのは墓地対策である。リアニメイトの定義が「墓地のカードを再利用する」ものである以上、当然困ったことになってしまう。墓地対策として、軽量のアーティファクトはコンスタントに収録されており、サイドボード後に投入されうることは常に覚悟して置かなければならない。「墓地対策への対策」はカウンターや「墓地対策への対策」に特化した一部のカードに頼るほかないため、リアニメイト以外の勝利手段をしっかりと確保しておくことは大事である。

[編集] リアニメイト防止

一部の強力なカードは、リアニメイトによって容易に戦場に出すことを防ぐために、墓地にカードを残さないようにする能力を備えている場合がある。そのような能力を、俗にリアニメイト防止策(anti-reanimation clause)と呼ぶ。(ここでいう「リアニメイト防止策」とは「プレイヤーによるリアニメイト対策」という意味ではなく、「開発部によるシステム的・設計的な防止策」という意味である)

リアニメイト防止策は、主に以下の2パターンがある。

誘発型能力によるリアニメイト防止
元いた領域を問わず墓地に置かれることで誘発し、その解決時に効果としてライブラリーに戻すパターン。真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truthなど、自身だけでなく墓地のカードすべてを戻すものもある。
このパターンの場合、もみ消し/Stifleなどで能力を打ち消したり、イクスリッドの看守/Yixlid Jailerで能力を失わせたりすることによって墓地に残せるほか、その能力がスタックに置かれている間は墓地にあるため、インスタント・タイミングのリアニメイト呪文・能力があればリアニメイトが可能である。
これを持つカード
セラのアバター/Serra Avatar清純/Purity狡知/Guile戦慄/Dread敵愾/Hostility活力/Vigor真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre世界棘のワーム/Worldspine Wurm
常在型能力によるリアニメイト防止
「墓地に置かれる」ことを「そのカードを公開し、ライブラリーに加えて切り直す」に置き換える置換効果を生成するパターン。
誘発型能力ではなく、また墓地に存在する期間が存在しないので、もみ消しなどで打ち消すことはできず、インスタント・タイミングでのリアニメイトも不可能である。墓地に置かれる前に能力を失わせることで墓地に残すことはできるが、エルドラージ覚醒現在、戦場・墓地以外の領域にあるカードの能力を失わせるカードは存在せず、墓地に置くには一度戦場を経由する必要があるため、リアニメイトに利用するのは非常に難しい。
  • イクスリッドの看守/Yixlid Jailerではこの能力を妨害することはできない。置換効果は、それが置換するべきイベントが起こる直前の段階で有効かどうかを見るからである。つまり、墓地に置かれるというイベントの直前=まだ以前の領域にある段階で能力を失わせないと意味が無い。
  • 虚空の力線/Leyline of the Voidなどの「墓地に置かれる場合、代わりに追放する」の置換効果の影響下でこの能力を持つカードが戦場やスタックから墓地に置かれる場合、そのカードのコントローラーがライブラリーに戻すか追放するかを選択することができる。戦場・スタック以外から墓地に置かれる場合はオーナーが選ぶ。置換効果の項目を参照。
これを持つカード
レガシーの兵器/Legacy Weaponダークスティールの巨像/Darksteel Colossus大祖始/Progenitus荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus運命のきずな/Nexus of Fate

どの領域からもライブラリーに戻る性質から、リアニメイト防止策を持つカードはライブラリーアウト防止として用いられる場合もある(キメラ、対ライブラリー破壊など)。また、ライブラリーから直接出すタイプのデッキ(Pro Bantなど)にとってはメリットにもなり得る。

なお、この2つに入らない例として、リアニメイトが敗北条件となっている触れられざる者フェイジ/Phage the Untouchable反転カードであるためフィニッシャー側で釣ることが出来ない冷酷なる者、謙造/Kenzo the Hardhearted等が存在する。

[編集] 主なデッキ

このジャンルの主なデッキには以下のタイプが存在する。

詳細は各項目を参照のこと。

[編集] スタンダード

下記の時期のスタンダードにおいても、活躍を見せる。

[編集] ブロック構築

下記の時期のブロック構築においても、活躍を見せる。

[編集] エクステンデッド

下記の時期のエクステンデッドにおいても、活躍を見せる。

[編集] モダン

当初は、エクステンデッドに続いて死せる生/Living Endサイクリングを軸にした死せる生が代表。


Living End / 死せる生
〔黒〕 ソーサリー

待機3 ― (2)(黒)(黒)
各プレイヤーは自分の墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを追放する。その後自分がコントロールするすべてのクリーチャーを生け贄に捧げる。その後自分がこれにより追放したすべてのカードを戦場に出す。


各種コンボパーツ野生のナカティル/Wild Nacatl禁止指定により環境が低速化してからは、掘葬の儀式/Unburial Ritesによるリアニメイト戦略も姿を見せるようになった。


Gifts Ungiven / けちな贈り物 (3)(青)
インスタント

対戦相手1人を対象とする。あなたのライブラリーから異なる名前のカードを最大4枚まで探し、それらを公開する。そのプレイヤーはそれらのカードから2枚を選ぶ。選ばれたカードをあなたの墓地に置き、残りをあなたの手札に加える。その後ライブラリーを切り直す。



Unburial Rites / 掘葬の儀式 (4)(黒)
ソーサリー

あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
フラッシュバック(3)(白)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


主なフィニッシャーエメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobiteなど。けちな贈り物/Gifts Ungivenで掘葬の儀式とフィニッシャーの2枚だけを選ぶことにより、確実に両方を墓地に落とすことができる。青白トロンなどのけちコントロールにおいて勝ち手段を務めるだけでなく、手軽な瞬殺ギミックであることから、白青を含むデッキアグレッシブ・サイドボーディングとして採用されることもしばしば。

またグリセルブランド/Griselbrandの登場後は、フィニッシャーの居座りではなく高速召喚を目的とした御霊の復讐/Goryo's Vengeance型のデッキも現れた。追加の踏み倒し手段として裂け目の突破/Through the Breachが併用されることが多い。


Persist / 頑強 (1)(黒)
ソーサリー

あなたの墓地から伝説でないクリーチャー・カード1枚を対象とする。それを-1/-1カウンター1個が置かれた状態で戦場に戻す。



Unmarked Grave / 無名の墓 (1)(黒)
ソーサリー

あなたのライブラリーから伝説でないカード1枚を探し、あなたの墓地に置く。その後、ライブラリーを切り直す。



Archon of Cruelty / 残虐の執政官 (6)(黒)(黒)
クリーチャー — 執政官(Archon)

飛行
残虐の執政官が戦場に出るか攻撃するたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げ、カード1枚を捨て、3点のライフを失う。あなたはカード1枚を引き、3点のライフを得る。

6/6


Faithful Mending / 信仰の繕い (白)(青)
インスタント

あなたは2点のライフを得て、カード2枚を引く。その後、カード2枚を捨てる。
フラッシュバック(1)(白)(青)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードをフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後、これを追放する。)


モダンホライゾン2にて頑強/Persist無名の墓/Unmarked Graveが登場したことにより同弾の残虐の執政官/Archon of Cruelty セラの使者/Serra's Emissaryなどの非伝説クリーチャーをリアニメイトするデッキが組まれることになった。 イニストラード:真夜中の狩りにてモダンで禁止された信仰無き物あさり/Faithless Lootingのリメイクカード信仰の繕い/Faithful Mendingが登場するとキーパーツの黒に信仰の繕いの青白を加えてエスパーリアニメイトのアーキタイプが誕生した。

[編集] レガシー

発掘を使用したドレッジが長期に渡って活躍を続けている。


Golgari Grave-Troll / ゴルガリの墓トロール (4)(緑)
クリーチャー — トロール(Troll) スケルトン(Skeleton)

ゴルガリの墓トロールは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき、その上に+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(1),ゴルガリの墓トロールから+1/+1カウンターを1個取り除く:ゴルガリの墓トロールを再生する。
発掘6(あなたがカードを1枚引くなら、代わりにあなたはカードを6枚切削してもよい。そうしたなら、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。)

0/0


Dread Return / 戦慄の復活 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
フラッシュバック ― クリーチャーを3体生け贄に捧げる。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


また、2009年10月に納墓/Entomb禁止解除されたため、オーソドックスなファッティ高速召喚型も活躍するようになった。


Entomb / 納墓 (黒)
インスタント

あなたのライブラリーからカードを1枚探し、それをあなたの墓地に置き、その後ライブラリーを切り直す。



Reanimate / 再活性 (黒)
ソーサリー

墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。あなたは、そのマナ総量に等しい点数のライフを失う。



Griselbrand / グリセルブランド (4)(黒)(黒)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、絆魂
7点のライフを支払う:カードを7枚引く。

7/7

基本的な動きは旧エクステンデッドのものとほぼ同じ。納墓や入念な研究/Careful Studyフィニッシャー墓地に落とし、再活性/Reanimate死体発掘/Exhume動く死体/Animate Deadでリアニメイトする。

1枚でゲームエンドに持ち込めるフィニッシャーを利用するため、初期手札に4枚程度のパーツがあればコンボが完結することもあり、手札事故によるマリガンにも比較的強い。

初期は神秘の教示者/Mystical Tutorにより高い安定性と柔軟性を得ていたが、これが禁止されたことで一時勢いを落としていた。その後大量ドロー能力を持つ核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augurが登場、リアニメイトの二の矢とピッチカウンターを常に構え続ける戦略によって復権を果たす。さらにより速効性の高いグリセルブランド/Griselbrandが登場し、この戦略を継承する形で再びメタゲームの上位に食い込むようになっている。

その他のフィニッシャー候補は様々で、除去コンボを封じるエメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria展開済みの盤面を止める鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite魅力的な執政官/Blazing Archon、万能パーマネント対策となる灰燼の乗り手/Ashen Rider潮吹きの暴君/Tidespout Tyrantなどから数枚を採用し、状況に応じてシルバーバレットする。

また2016年には従来の青黒型に加え、スピードに特化した黒赤のタイプも結果を残すようになった。


Dark Ritual / 暗黒の儀式 (黒)
インスタント

(黒)(黒)(黒)を加える。



Faithless Looting / 信仰無き物あさり (赤)
ソーサリー

カードを2枚引き、その後カードを2枚捨てる。
フラッシュバック(2)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)



Chancellor of the Annex / 別館の大長 (4)(白)(白)(白)
クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) 天使(Angel)

あなたはあなたのゲーム開始時の手札にあるこのカードを公開してもよい。そうした場合、各対戦相手がこのゲームで最初の呪文を唱えたとき、そのプレイヤーが(1)を支払わないかぎり、その呪文を打ち消す。
飛行
対戦相手が呪文を1つ唱えるたび、そのプレイヤーが(1)を支払わないかぎり、それを打ち消す。

5/6

水蓮の花びら/Lotus Petal暗黒の儀式/Dark Ritualマナ加速を行い、納墓か信仰無き物あさり/Faithless Looting経由で最序盤にフィニッシャーを釣り上げることを狙う。対戦相手の妨害手段は暴露/Unmaskなどの手札破壊で取り除くか、フィニッシャーを兼ねる別館の大長/Chancellor of the Annexの能力で封じ込める。

その後、黒単型も現れて結果を残している。


Hymn to Tourach / トーラックへの賛歌 (黒)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードを2枚無作為に選んで捨てる。



Liliana of the Veil / ヴェールのリリアナ (1)(黒)(黒)
伝説のプレインズウォーカー — リリアナ(Liliana)

[+1]:各プレイヤーはカードを1枚捨てる。
[-2]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
[-6]:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーがコントロールするすべてのパーマネントを2つの束に分ける。そのプレイヤーは束を1つ選び、その束にあるすべてのパーマネントを生け贄に捧げる。

3

高速リアニメイト一点特化ではなく、サブプランとしてトーラックへの賛歌/Hymn to Tourachを筆頭に大量の手札破壊ポックスハイブリッドしたようなプランを取る(実際に小悪疫/Smallpoxが入ることもある)。


Lake of the Dead
土地

Lake of the Deadが戦場に出るなら、代わりに沼(Swamp)を1つ生け贄に捧げる。そうしたなら、Lake of the Deadを戦場に出す。そうしなかったなら、それをオーナーの墓地に置く。
(T):(黒)を加える。
(T),沼を1つ生け贄に捧げる:(黒)(黒)(黒)(黒)を加える。



Grave Titan / 墓所のタイタン (4)(黒)(黒)
クリーチャー — 巨人(Giant)

接死
墓所のタイタンが戦場に出るか攻撃するたび、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを2体生成する。

6/6

また沼/Swampを大量搭載することでLake of the Deadが使えるようになり、暗黒の儀式と合わせてマナ加速からの素出しも可能なフィニッシャーとして墓所のタイタン/Grave Titanが採用される。

[編集] 初期型

Reanimater [1]
土地 (16)
2 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
2 島/Island
4 汚染された三角州/Polluted Delta
2 沼/Swamp
4 Underground Sea
2 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
クリーチャー (7)
1 魅力的な執政官/Blazing Archon
1 浄火の大天使/Empyrial Archangel
2 墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan
2 エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria
1 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind
呪文 (37)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 入念な研究/Careful Study
1 暗黒の儀式/Dark Ritual
4 目くらまし/Daze
1 残響する真実/Echoing Truth
4 納墓/Entomb
4 死体発掘/Exhume
4 意志の力/Force of Will
4 神秘の教示者/Mystical Tutor
4 再活性/Reanimate
1 実物提示教育/Show and Tell
2 思考囲い/Thoughtseize
サイドボード (15)
1 動く死体/Animate Dead
1 蒸気の連鎖/Chain of Vapor
1 残響する真実/Echoing Truth
1 ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall
1 エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria
1 誤った指図/Misdirection
2 非業の死/Perish
1 実物提示教育/Show and Tell
3 呪文貫き/Spell Pierce
1 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind
1 拭い捨て/Wipe Away
1 森滅ぼしの最長老/Woodfall Primus
  • 神秘の教示者禁止前の青黒型。

[編集] アヴァシンの帰還後

Reanimate(Legacy) [2]
土地 (15)
1 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
2 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 島/Island
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
4 汚染された三角州/Polluted Delta
1 沼/Swamp
4 Underground Sea
1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
クリーチャー (7)
1 灰燼の乗り手/Ashen Rider
1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite
4 グリセルブランド/Griselbrand
1 エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria
呪文 (38)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 入念な研究/Careful Study
3 目くらまし/Daze
4 納墓/Entomb
4 死体発掘/Exhume
4 意志の力/Force of Will
4 水蓮の花びら/Lotus Petal
2 思案/Ponder
4 再活性/Reanimate
2 実物提示教育/Show and Tell
3 思考囲い/Thoughtseize
サイドボード (15)
1 灰燼の乗り手/Ashen Rider
2 裏切り者の都/City of Traitors
4 強迫/Duress
1 残響する真実/Echoing Truth
1 浄火の大天使/Empyrial Archangel
1 狼狽の嵐/Flusterstorm
3 真髄の針/Pithing Needle
2 実物提示教育/Show and Tell
  • グリセルブランド登場後の青黒型。
  • 墓地対策をかわすため、Show and Tellとのハイブリッドになっている。

[編集] 黒赤

BR Reanimator [3]
土地 (12)
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
3 汚染された三角州/Polluted Delta
1 Bayou
2 Badlands
2 沼/Swamp
クリーチャー (10)
4 グリセルブランド/Griselbrand
4 別館の大長/Chancellor of the Annex
1 狂気の種父/Sire of Insanity
1 潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant
呪文 (38)
4 信仰無き物あさり/Faithless Looting
4 思考囲い/Thoughtseize
4 暴露/Unmask
4 死体発掘/Exhume
4 再活性/Reanimate
4 納墓/Entomb
4 暗黒の儀式/Dark Ritual
4 水蓮の花びら/Lotus Petal
2 金属モックス/Chrome Mox
4 動く死体/Animate Dead
サイドボード (15)
4 恭しき沈黙/Reverent Silence
3 突然の衰微/Abrupt Decay
1 墓所のタイタン/Grave Titan
1 エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria
1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite
1 墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan
4 集団的蛮行/Collective Brutality

[編集] 黒単

Mono Black Reanimator [4]
土地 (20)
2 Lake of the Dead
18 沼/Swamp
クリーチャー (8)
1 灰燼の乗り手/Ashen Rider
4 墓所のタイタン/Grave Titan
1 グリセルブランド/Griselbrand
2 虐殺のワーム/Massacre Wurm
呪文 (32)
2 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
2 集団的蛮行/Collective Brutality
4 強迫/Duress
4 トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach
4 再活性/Reanimate
4 思考囲い/Thoughtseize
4 暗黒の儀式/Dark Ritual
4 納墓/Entomb
4 動く死体/Animate Dead
サイドボード (15)
3 悪魔の布告/Diabolic Edict
2 フェアリーの忌み者/Faerie Macabre
1 鞭打つ触手/Flaying Tendrils
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
3 群れネズミ/Pack Rat
1 真髄の針/Pithing Needle
1 漸増爆弾/Ratchet Bomb
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 毒の濁流/Toxic Deluge

[編集] ヴィンテージ

ヴィンテージにおいても、リアニメイトは有力なデッキの一角である。ドローディスカードを両立させるBazaar of Baghdadの存在が大きい。

1つは、世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragonナイトメア能力を逆手に取った無限コンボデッキ、ワールドゴージャー


Worldgorger Dragon / 世界喰らいのドラゴン (3)(赤)(赤)(赤)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) ドラゴン(Dragon)

飛行、トランプル
世界喰らいのドラゴンが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のパーマネントをすべて追放する。
世界喰らいのドラゴンが戦場を離れたとき、世界喰らいのドラゴンが追放したカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

7/7

もう1つは、ゴブリンの溶接工/Goblin Welderで強力なコントロール力を持つアーティファクトを使い回すコントロールデッキスタックスである。


Goblin Welder / ゴブリンの溶接工 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 工匠(Artificer)

(T):プレイヤー1人がコントロールするアーティファクト1つと、そのプレイヤーの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とする。両方の対象がこの能力の解決時に適正である場合、そのプレイヤーはそのアーティファクトを生け贄に捧げると同時にそのアーティファクト・カードを戦場に戻す。

1/1

これ以外にも様々なデッキが存在しており、ヴィンテージでは墓地対策は必須とされる。

[編集] パウパー

パウパーでも少数が存在している。


Exhume / 死体発掘 (1)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分の墓地からクリーチャー・カードを1枚、戦場に出す。



Ulamog's Crusher / ウラモグの破壊者 (8)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

滅殺2(このクリーチャーが攻撃するたび、防御プレイヤーはパーマネントを2つ生け贄に捧げる。)
各戦闘で、ウラモグの破壊者は可能なら攻撃する。

8/8

大あわての捜索/Frantic Search入念な研究/Careful Studyウラモグの破壊者/Ulamog's Crusherを墓地に落とし、死体発掘/Exhumeでリアニメイトするのが基本的な動き。また、ドラゴンエンチャントもしばしば採用される。

死体発掘以外のリアニメイト手段が大型クリーチャーには使えない発掘/Unearth程度しか環境に存在しないこと、強力な大型クリーチャーがコモンには乏しいこと、また各種打ち消しや大祖始の遺産/Relic of Progenitusボジューカの沼/Bojuka Bogといった墓地対策が環境に多いことなどの欠点もあってかなかなかトップメタには食い込めてない地雷デッキ止まりであるのが現状である。


Striped Riverwinder / 縞カワヘビ (6)(青)
クリーチャー — 海蛇(Serpent)

呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)
サイクリング(青)((青),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)

5/5

破滅の刻では自分で墓地に落とせ、呪禁で単体除去も効かない縞カワヘビ/Striped Riverwinderが登場。青黒アンコウ・デルバーとのハイブリッドタイプも少数だが結果を残している。

[編集] 大あわての捜索禁止前

UB Exhume(Pauper) [5]
土地 (18)
3 進化する未開地/Evolving Wilds
6 島/Island
5 沼/Swamp
4 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
クリーチャー (4)
4 ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher
呪文 (38)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 入念な研究/Careful Study
2 目くらまし/Daze
3 ドラゴンの息/Dragon Breath
4 強迫/Duress
1 残響する真実/Echoing Truth
4 死体発掘/Exhume
4 大あわての捜索/Frantic Search
4 交錯の混乱/Muddle the Mixture
3 思案/Ponder
4 巧みな軍略/Strategic Planning
1 トレイリアの風/Tolarian Winds
サイドボード (15)
4 払拭/Dispel
1 ドラゴンの息/Dragon Breath
2 残響する真実/Echoing Truth
3 ファングレンの匪賊/Fangren Marauder
3 水流破/Hydroblast
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb

[編集] 青黒コントロール

Exhume Control(Pauper) [6]
土地 (22)
3 ボジューカの沼/Bojuka Bog
4 ディミーアの水路/Dimir Aqueduct
9 島/Island
2 沼/Swamp
4 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
クリーチャー (7)
4 熟考漂い/Mulldrifter
3 ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher
呪文 (31)
2 苦悶のねじれ/Agony Warp
4 強迫的な研究/Compulsive Research
2 対抗呪文/Counterspell
2 悪魔の布告/Diabolic Edict
1 破滅の刃/Doom Blade
4 死体発掘/Exhume
2 無垢の血/Innocent Blood
1 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
4 定業/Preordain
2 調査/Probe
4 禁制/Prohibit
2 鋸刃の矢/Serrated Arrows
1 悲劇的な過ち/Tragic Slip
サイドボード (15)
2 破滅の刃/Doom Blade
2 強迫/Duress
2 エヴィンカーの正義/Evincar's Justice
3 水流破/Hydroblast
2 海賊の魔除け/Piracy Charm
1 調査/Probe
1 ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher
1 屍賊の嘆き/Wail of the Nim
1 木立を歩むもの/Walker of the Grove

[編集] アンコウ・デルバー型

UB Exhume Delver [7]
土地 (17)
3 灰のやせ地/Ash Barrens
4 陰鬱な僻地/Dismal Backwater
9 島/Island
1 沼/Swamp
クリーチャー (12)
4 秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets
4 グルマグのアンコウ/Gurmag Angler
4 縞カワヘビ/Striped Riverwinder
呪文 (31)
4 死体発掘/Exhume
3 思案/Ponder
4 渦まく知識/Brainstorm
4 対抗呪文/Counterspell
2 払拭/Dispel
2 噴出/Gush
3 留意/Mental Note
4 思考掃き/Thought Scour
3 蒸気の絡みつき/Vapor Snag
1 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
1 吸血の絆/Vampiric Link
サイドボード (15)
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
1 吸血の絆/Vampiric Link
2 無効/Annul
1 綿密な分析/Deep Analysis
1 ファングレンの匪賊/Fangren Marauder
1 水流破/Hydroblast
2 減縮/Shrivel
3 突発的変化/Spontaneous Mutation
2 嵐縛りの霊/Stormbound Geist

[編集] 参考

MOBILE