マリット・レイジのまどろみ/Marit Lage's Slumber

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Marit Lage's Slumber / マリット・レイジのまどろみ (1)(青)
伝説の氷雪エンチャント

マリット・レイジのまどろみか他の氷雪パーマネントが1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、占術1を行う。
あなたのアップキープの開始時に、あなたが氷雪パーマネントを10個以上コントロールしている場合、マリット・レイジのまどろみを生け贄に捧げる。そうしたなら、《マリット・レイジ/Marit Lage》という名前で飛行と破壊不能を持つ黒の20/20の伝説のアバター(Avatar)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


暗黒の深部/Dark Depthsに続くマリット・レイジ/Marit Lageを生み出す2枚目のカードであり、初の伝説の氷雪エンチャント

マリット・レイジ降臨の条件はこれを含め10個の氷雪パーマネントコントロールすること。暗黒の深部が相性のよい吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmageを得て一撃必殺のコンボデッキヘックスメイジ・デプス)を生み出したのに対して、条件達成への抜け道が少なく、誘発のチェックはアップキープの開始時でタイムラグが発生するので一撃必殺のコンボは組みづらい。

一方で条件がパーマネントを並べるだけなので専用にリソースを大量消費する必要がないという点が大きな強みである。極論ではデッキ内の土地をすべて氷雪土地ないし基本氷雪土地にすれば、先置きして土地をプレイしているだけで占術で展開を安定化しながら最終的にフィニッシャーを手に入れられるので安定性と使い勝手のよさは高い。総じてコンボよりもコントロール向きのカードで、氷雪コントロールでの安定装置兼追加の勝ち手段となり得る。

[編集] 参考

MOBILE