吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vampire Hexmage / 吸血鬼の呪詛術士 (黒)(黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) シャーマン(Shaman)

先制攻撃
吸血鬼の呪詛術士を生け贄に捧げる:パーマネント1つを対象とする。それの上に置かれているすべてのカウンターを取り除く。

2/1

先制攻撃を持つクリーチャー生け贄に捧げることでパーマネント1つに置かれているカウンターを全て取り除くことができる。

2マナ2/1先制攻撃と優秀なウィニーであり、序盤は攻防に渡って活躍できる性能。起動型能力も使いどころが多く、+1/+1カウンターが置かれたクリーチャーを弱体化させたり、探索エンチャントを妨害したり、プレインズウォーカーを除去したりできる(忠誠カウンターが置かれていないプレインズウォーカーは状況起因処理墓地に置かれる)。

通常は取り除くために計30マナ必要な暗黒の深部/Dark Depths氷カウンターをわずか2マナと1枚で一気に取り除ける点も魅力であり、エクステンデッドレガシーではこのコンボを利用したデッキが登場している(→ヘックスメイジ・デプス)。

  • 同じくカウンターを取り除く能力を持つクリーチャーに脊髄寄生虫/Spinal Parasiteがある。
  • カウンターを1個しか取り除けない薬の走り手/Medicine Runnerが過去に存在する。これは下記の開発秘話にあるこのカードの原型にあたるだろう。
  • コラム「Planechasing Your Dream」でゼンディカーの事前情報として与えられていた、「自身を生け贄に捧げることでプレインズウォーカーを墓地に送れるクリーチャー」とは、このカードのことである。

[編集] 開発秘話

このカードはプレインズウォーカーへの低稀少度での解答をより多くするために作られた(→Care for a Bite?参照)。

最初は「対象のパーマネント1つからすべてのカウンターを取り除く」ETB能力を持つ(3)(黒)(黒)の3/3クリーチャーであったが、(開発中の)アンコモンに(4)(黒)の3/3が多すぎることから、(黒)(黒)の2/2クリーチャーへとサイズ調整が行われた。

しかし、ETB能力では、プレインズウォーカーを除去するために、2ターン目を過ぎてもずっと2マナクリーチャーを手札に抱えることを余儀なくさせてしまう問題があった。その後、ETB能力は「生け贄に捧げる」ことで発揮する能力に変更され、構築で十分強力なカードになるには何らかの追加能力が必要であると開発チームが感じたことから、先制攻撃が追加された。(→Vampire Weekend参照)

[編集] 参考

MOBILE