ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士/Vitu-Ghazi Guildmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vitu-Ghazi Guildmage / ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士 (緑)(白)
クリーチャー — ドライアド(Dryad) シャーマン(Shaman)

(4)(緑)(白):緑の3/3のケンタウルス(Centaur)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(2)(緑)(白):居住を行う。(あなたがコントロールするクリーチャー・トークン1体のコピーであるトークンを1体生成する。)

2/2

ラヴニカへの回帰の新しいギルド魔道士サイクルの一つ。セレズニア所属。

1つ目の能力はトークン生成。6マナで3/3バニラと、同エキスパンション議事会の招集/Call of the Conclaveと見比べるとコスト・パフォーマンスの悪さは否めない。しかし自身も[[2/2のクリーチャーであり、マナさえあれば複数体のトークンを生み出せるという点では悪くはない。消耗戦になりがちな長丁場で真価を発揮するだろう。

2つ目の能力は居住。上の能力から繋げれば最低でも3/3のトークンが居住できることになる。一度6マナでトークンを生み出してしまえば、あとは浮いたマナで3/3を量産することで速やかに戦場を制圧することが可能。1ターンに複数回居住ができるカードは珍しく、相方のトークン次第ではこれ1枚でエンドカードになりかねない。

どちらも重ためのコスト設定だが、双方の能力が噛み合っており、総じて長期戦に強い。緑白コントロールなどでは採用が考えられる。リミテッドではこれ1枚で戦況をひっくり返すだけのポテンシャルを持つ、非常に優秀なクリーチャー

[編集] 関連カード

[編集] セレズニア議事会/The Selesnya Conclaveギルド魔道士

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロックギルド魔道士サイクル。いずれも2マナ多色クリーチャーであり、対応した2色マナ両方を必要とする起動型能力を2つ持つ。各ギルド/Guildの本拠地名がカード名に含まれている。

[編集] 参考

MOBILE