不敵な火花魔道士、ローアン/Rowan, Fearless Sparkmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rowan, Fearless Sparkmage / 不敵な火花魔道士、ローアン (3)(赤)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — ローアン(Rowan)

[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+3/+0の修整を受け先制攻撃を得る。
[-2]:クリーチャー最大2体を対象とする。不敵な火花魔道士、ローアンはそれらにそれぞれ1点のダメージを与える。このターン、それらのクリーチャーではブロックできない。
[-9]:ターン終了時まで、すべてのクリーチャーのコントロールを得る。それらをアンタップする。ターン終了時まで、それらは速攻を得る。

5

エルドレインの王権プレインズウォーカーデッキに収録されたローアン忠誠度能力は、単体強化先制攻撃付与、火力ブロック制限、全体コントロール奪取。

+1能力
確実な一撃/Sure Strike
平凡なクリーチャーでも大型クリーチャーを一方的に倒せるようになる戦闘支援能力。一時的でブロック時に使えないものの、攻め気に溢れるデッキであればあまり気にならないだろう。
ローアンのデッキ限定カードであるローアンの寄騎/Rowan's Battleguardローアンの親衛隊/Rowan's Stalwartsパワーに偏っており、駐屯地のグリフィン/Garrison Griffin飛行を持つなど、いずれとも相性が良い。
-2能力
火花魔道士の計略/Sparkmage's Gambit
邪魔なブロッカーをどかして自軍の攻撃を通すのに役立つ能力。+1能力だけでは捌ききれなくなった場合や、こちらを使った方が打点が稼げる状況で使うことになる。
最初から2連発できるので、2ターンに渡る連続攻撃でそのまま殴り切れる可能性もある。勿論タフネス1を焼き払うのにも使える。
-9能力
暴動/Insurrection
クリーチャーデッキ同士の対戦であれば、すべてのクリーチャーを奪ってそのまま勝ちに繋げられる強力な奥義。しかし戦場が粗方片付いてしまっているとあまり強くなく、特にコントロールデッキに対してはほとんど役に立たないなど汎用性に欠ける。消費忠誠度も大きく、まっすぐ目指しても4ターン程掛かってしまうのも些か悠長。
この能力は長期戦へのプレッシャーとして働かせつつ、他の能力を駆使しながら素直にビートダウンを狙うのが良いだろう。

クリーチャー同士の戦闘をサポートする能力に長けたプレインズウォーカー。クリーチャーを並べて攻め立てるローアンのデッキでは攻めの基点となってくれる。しかしクリーチャーに依存した不安定さ、重さのわりに直接ダメージを稼ぐ能力や除去能力を持たない、奥義が有効に働かない相手も多いなど、構築基準で見ると力不足だろう。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はローアン・ケンリス/Rowan Kenrith (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

MOBILE