予見者の幻視/Seer's Vision

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Seer's Vision / 予見者の幻視 (2)(青)(黒)
エンチャント

あなたの対戦相手は自分の手札を公開してプレイする。
予見者の幻視を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの手札を見て、カードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


テレパシー/Telepathy+いざというときに強要/Coercion

多くの場合、出した瞬間に起動されるだろうが、テレパシー能力に全く意味が無いわけではない。強要/Coercionと比較した場合、手札がハズレばかりでがっかり、という事態は避けることができる。その後は相手のドローを監視しながらゆっくりと次の獲物を吟味することができる。大抵の場合、こちらの能力を起動する機会が訪れる前にプレイされてしまうだろうが、使用する機会を計るタイプのカード(除去やカウンター)についてはベストでないタイミングで使用させる、あるいは捨てさせることができる。

同じマナ・コストロボトミー/Lobotomyもあったため、これが選ばれることは稀だったが、逆にロボトミー/Lobotomyを通す前にカウンターを消費させる、あるいは手札を確認するなど、露払いとして採用されることもあった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

インベイジョン友好色2色のエンチャントサイクル色の組み合わせを「CD」とすると、戦場にあると「C」の色の効果、生け贄に捧げると「D」の色の効果をもつ。

[編集] 参考

MOBILE