光り葉の選別者/Gilt-Leaf Winnower

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gilt-Leaf Winnower / 光り葉の選別者 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

威迫(このクリーチャーは2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。)
光り葉の選別者が戦場に出たとき、パワーとタフネスが異なる、エルフ(Elf)でないクリーチャー1体を対象とする。あなたはそれを破壊してもよい。

4/3

威迫と、正方でないクリーチャー除去するETB能力を持ったエルフ

除去を内蔵したクリーチャーは過去にネクラタル/Nekrataalなどが証明しているように強力。マナレシオは低いものの威迫と除去能力が噛合い攻撃通しやすく、マジック・オリジンでサポートが追加されたエルフである点も魅力。またETB能力は強制ではないため、対戦相手が適正な対象コントロールしていない場合でもクリーチャーとして最低限役に立つ。

問題は「パワータフネスが異なる」「エルフでない」と対象が二重に制限されていること。最も除去したいクリーチャーを前に歯痒い思いをすることも考えられる。とはいえ包囲サイ/Siege Rhinoクルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphixなど標的となるクリーチャーは環境に溢れており、それらを多用するデッキに対してサイドボードから、もしくはメタゲームによってメインデッキからの採用も考えられる。

  • かつて「黒である事が除去耐性」であったように「パワーとタフネスが等しい事が除去耐性」として一定の価値を得るかもしれない。
  • エルフでないクリーチャーを除去するカードとしては、過去に眼腐りの終焉/Eyeblight's Endingがある。
  • パワーとタフネスが異なるクリーチャーを標的とするのは、美しくないものを「眼腐り/Eyeblight」として排斥するローウィン/Lorwynのエルフの価値観を表現していると思われる。エルフではあるものの、このカード自身もパワー・タフネスが均一ではなく「美しくない」ように見えるのは皮肉だろうか。

[編集] 参考

MOBILE