共謀

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
共謀/Conspire
種別 常在型能力誘発型能力
登場セット シャドウムーア
CR CR:702.77

共謀(きょうぼう)/Conspireは、シャドウムーアで登場したキーワード能力。これを持つ呪文スタック上にある間に機能する常在型能力誘発型能力からなる。


Barkshell Blessing / 樹皮殻の祝福 (緑/白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。
共謀(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたはあなたがコントロールする、この呪文と共通の色を持つアンタップ状態のクリーチャーを2体タップしてもよい。そうした場合、その呪文をコピーし、あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)



Wort, the Raidmother / 略奪の母、汁婆 (4)(赤/緑)(赤/緑)
伝説のクリーチャー — ゴブリン(Goblin) シャーマン(Shaman)

略奪の母、汁婆が戦場に出たとき、赤であり緑である1/1のゴブリン(Goblin)・戦士(Warrior)クリーチャー・トークンを2体生成する。
あなたが唱える赤か緑の各インスタント呪文か各ソーサリー呪文は共謀を持つ。(あなたがその呪文を唱えるに際し、あなたはあなたがコントロールする、その呪文と共通の色を持つアンタップ状態のクリーチャーを2体タップしてもよい。そうした場合、その呪文をコピーし、あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)

3/3

[編集] 定義

共謀/Conspireは以下の2つの能力からなる。

[編集] 解説

追加コストとして共通の色を持つアンタップ状態のクリーチャーを2体タップすることで、その共謀を持つ呪文のコピーを1つ作り出す能力である。

[編集] ルール

  • 複製とは異なり、1個の共謀に対しては1回しかコストを支払うことはできない。
    • 何らかの方法で共謀を複数持つ呪文を唱えた場合、最大でその数だけコピーを作成可能。もちろん各共謀についてそれぞれ別々にコストを支払う必要がある。現在、共謀を複数持つ手段として、略奪の母、汁婆/Wort, the Raidmotherがある。
  • この方法でタップするクリーチャーは召喚酔いの状態でもかまわない。(→タップ・アウトレット
  • 無色の呪文が共謀を持つこと自体はルール上は妨げられていないものの(現状そのようなカードは存在しないが)、その場合でもそれのコストを支払う方法が存在しないため、実際に利用することはできない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200703.2

MOBILE