複製

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
複製/Replicate
種別 常在型能力誘発型能力
登場セット ギルドパクト
モダンホライゾン
CR CR:702.55

複製(ふくせい)/Replicateは、ラヴニカ・ブロックイゼットギルド)に割り当てられたキーワード能力。これを持つ呪文スタック上にあるときに機能する常在型能力誘発型能力からなる。


Gigadrowse / 万の眠り (青)
インスタント

複製(青)(あなたがこの呪文を唱えるとき、あなたがその複製コストを支払った回数1回につき、それをコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。)
パーマネント1つを対象とし、それをタップする。


[編集] 定義

複製 [コスト]/Replicate [コスト]は以下の2つの能力からなる。

[編集] 解説

複製コストを支払った分だけ呪文が増加するという、X呪文の発展形のようなキーワード能力。性質上複製を持つカードはすべてインスタントソーサリーである。モダンホライゾンで再登場した。

ギルドパクトでの複製カードは、すべてその呪文のマナ・コストと同じ複製コストを持つ。啓発のジン/Djinn Illuminatusあなたのインスタント呪文とソーサリー呪文に複製を与える。その複製コストも元の呪文のマナ・コストと同じ。

[編集] ルール

  • 複製コストは追加コストであり、追加コストのルールに従う。条件さえ合えば召集などで減らすことができる。
  • コピーの対象は選び直さなくてもよい。また、複数のコピーが同じ対象を取ってもよい。
  • 複製されたコピーも複製能力を持つが、それは唱えられていないので機能しない。
  • 複製能力のうちコピーを作成する能力は誘発型能力なので、「コピーを作成する」能力がもみ消し/Stifleなどで打ち消された場合はコピーは作成されない。
  • 1つのカードが複数の複製能力を持つ場合、それぞれの能力が個別に機能する。結局コストは支払わなければいけないのであまり意味は無いが、分割して支払えば片方がもみ消し/Stifleで打ち消されてももう片方分のコピーは作られる。
  • 複製コストが支払われた回数は、その複製能力に対して支払われたものだけをカウントする。
  • ストームと同様に、コピー能力がスタックにあるうちに複製元の呪文が打ち消されても、最後の情報を参照してコピーは作られる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.0

MOBILE