冥府の教示者/Infernal Tutor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Infernal Tutor / 冥府の教示者 (1)(黒)
ソーサリー

あなたの手札からカードを1枚公開する。あなたのライブラリーから、そのカードと同じ名前を持つカードを1枚探し、それを公開した上であなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
暴勇 ― あなたの手札にカードがない場合、代わりにあなたのライブラリーからカードを1枚探し、それをあなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。


ディセンションで生まれた、新たなる教示者。普通に使えば、同名カードサーチデッキ圧縮だが、暴勇によって悪魔の教示者/Demonic Tutorと同様に扱える。

悔やむ点としてはソーサリーなところか。これを2枚以上引いてしまった場合、どちらかは暴勇無しの状態で使わなければならないため、本当にサーチしたいカードをサーチできるのはかなり後になってしまうだろう。

ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamondとのシナジーが強力。そこから不正利得/Ill-Gotten Gainsに繋げるギミックを搭載したのがIGGy-POPである。IGGy-POPから移行したTESANTでも引き続き採用されている。

たとえ暴勇しなくても、蓄積した知識/Accumulated Knowledge炎の儀式/Rite of Flameのような墓地にある枚数が多いほど能力が上がるカードと相性は良いし、土地マナ能力を持ったカード等を持ってくればマナの供給、加速も可能。また、同一のカードを複数必要とするコンボデッキでも有効。Sensei, Senseiにはすんなり導入できるだろう。

[編集] 参考

MOBILE