古えの遺恨/Ancient Grudge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ancient Grudge / 古えの遺恨 (1)(赤)
インスタント

アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。
フラッシュバック(緑)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


フラッシュバックを持つ粉砕/Shatterの亜種であり、上位互換

シンプルな見た目通り、使いやすい優良呪文である。競合相手は多いが、軽いインスタントなので隙が無く、またフラッシュバックによりカード・アドバンテージを得られるなど大きな長所があり、使用頻度は高い。

基本的には赤緑を含むデッキで使用されるが、テクニックとして以下の様な使い方もある。

スタンダードにおいては、時のらせん時代はラヴニカ・ブロック印鑑イニストラード時代はミラディンの傷跡ブロックの強力なアーティファクト群といった格好の標的があったため、グルール・ビートケッシグ・ランプなどの赤緑デッキのサイドボードによく採用されていた。またモダンレガシーヴィンテージといった環境においてもアーティファクト(親和MUDなど)対策の基本カードと言える地位を築いている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせんの、フラッシュバックコスト友好色色マナを要求するインスタントサイクル

イニストラードフラッシュバック友好色マナを要求する呪文サイクル。いずれもコモン。古えの遺恨のみ再録。

闇の隆盛フラッシュバック友好色マナを要求する呪文サイクル。いずれもコモン。天啓の光のみ再録。

イニストラードのサイクルはカラー・ホイールの右隣ののマナを、闇の隆盛のサイクルは左隣の色のマナを要求する。

[編集] 参考

MOBILE