喉首狙い/Go for the Throat

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Go for the Throat / 喉首狙い (1)(黒)
インスタント

アーティファクトでないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


恐怖/Terrorの亜種である単体除去再生を許す代わりに黒のクリーチャー破壊できる恐怖、またはアーティファクト・クリーチャーを破壊できないが黒のクリーチャーを破壊できる破滅の刃/Doom Blade

同じスタンダード環境に存在する破滅の刃とは対のような関係であり、一長一短。どちらを採用するかはメタゲーム次第と言える。

登場当初はアーティファクト・クリーチャーはあまり使われていなかったこともあり、同時に登場したファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusaderへの対策となるこちらが優先されたが、各種コントロールデッキ先駆のゴーレム/Precursor Golemが使われるようになってくると、破滅の刃に差し戻されるようになった。ある程度メタゲームが確立してからは両者併用の形が取られることが多いようである。呪文滑り/Spellskiteが台頭し始めてからは、その能力対象変更されないことも使いわけのポイントになっている。

モダンでも黒いデッキで1~2枚程度採用されることがある。親和など腐りやすいマッチアップもあるため、2マナ除去の選択はメタゲームを見て考えたいところ。

[編集] 参考

MOBILE