大魔導師の昇天/Archmage Ascension

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Archmage Ascension / 大魔導師の昇天 (2)(青)
エンチャント

各終了ステップの開始時に、このターンにあなたが2枚以上のカードを引いていた場合、大魔導師の昇天の上に探索(quest)カウンターを1個置いてもよい。
大魔導師の昇天の上に探索カウンターが6個以上置かれているかぎり、あなたがカードを1枚引く場合、代わりにあなたは「あなたのライブラリーからカードを1枚探してそれをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。


ゼンディカーの昇天サイクルの一枚。 探索カウンターが置かれる条件がらしくドローに関係している。

探索カウンターが6個貯まるとドローをサーチ置換でき、望むカード手札に加えられるようになる。

多くのカードを引くデッキならそれだけ多くのカードをサーチできるので、コンボデッキキーカードを一気にそろえる目的などにも使える。ターボフォグなど吠えたける鉱山/Howling Mineを利用したデッキなら容易にカウンターを増やせる。

効果が強力な反面、自分のターンだけで条件を満たそうとすればサーチが開始するのは設置から6ターン目と時間がかかる。対戦相手ターンも利用すれば時間短縮できるが、どちらにしても達成前に目当てのカードを引く可能性は低くないので達成後のうまみが乏しい。利用するなら、シルバーバレットバベルなどのお供に。また、古き秘密の探索/Quest for Ancient Secretsなどのライブラリー修復カードと併せればブラウズディガー無限ターンも可能。着実な進歩/Steady Progressなどの増殖で踏み倒してもよい。

リミテッドでは効果以前に条件を達成することが困難だろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゼンディカーの昇天サイクル探索カウンターを置く誘発型能力と、探索カウンターが特定の数以上置かれていると機能する能力を持ったエンチャント。各レアに1枚ずつ存在する。

いずれも、2つ目の能力は探索カウンターを取り除かないことに注意。

[編集] 参考

MOBILE