川の掌握/River's Grasp

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

River's Grasp / 川の掌握 (3)(青/黒)
ソーサリー

この呪文を唱えるために(青)が支払われていたなら、クリーチャーを最大1体まで対象とし、それをそのオーナーの手札に戻す。この呪文を唱えるために(黒)が支払われていたなら、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。その後、そのプレイヤーはそのカードを捨てる。((青)(黒)が支払われていたなら、両方を行う。)


青マナ支払う送還/Unsummon黒マナを支払うと困窮/Distress効果を発揮するソーサリー

戻す捨てるの順で実行するので、2色マナを両方支払うことで、クリーチャー1体を戦場から手札を経由してそのまま墓地に送るという、実質的な除去として使うこともできる。その場合は破壊ではないため、「破壊されたとき~」や「死亡したとき~」などといった能力誘発させずに済む。メリットにもデメリットにもなり得るが、総合的にはメリットであると言って差し支え無いだろう。

似たような効果のはね返り/Recoilに比べ、構築での実用性が損なわれる欠点が目立つ。4マナソーサリーの除去ではテンポは取れないし、クリーチャーにしか対処できないのも汎用性不足。

反面、リミテッドでは対戦相手ファッティをピンポイントで落とせるため、確実性のある除去として重宝される。

  • はね返りと違い、自軍のクリーチャーを戻しつつ、相手の手札を捨てるという芸当も可能である。
  • Graspはテンプレートに従って掌握と訳されているが、効果とイラストを見ても捕獲・引き込みと言った方に近い。死のわしづかみ/Death Graspという前例もある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

シャドウムーア混成強化呪文サイクル友好色色マナコストとして支払う効果が現れる。

イーブンタイド混成強化呪文サイクル対抗色色マナコストとして支払う効果が現れる。

対応する色マナを支払わない場合でも、対象を指定する必要があるならばその義務があるので注意。ただし“最大”とついている対象は選ばないことを選択することができる。

その他のルールについては、ラヴニカ・ブロック向上呪文を参照。

[編集] 参考

MOBILE