待ち伏せ/Ambuscade

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ambuscade / 待ち伏せ (2)(緑)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャー1体と、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、その前者は+1/+0の修整を受ける。その前者はその後者に、自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。


狂気の一咬み/Rabid Biteの流れを汲む「一方的格闘」。タフネスにプラス修整の入らなくなった、直接射撃/Clear Shot下位互換

構築ではもっと軽く扱いやすい除去があるため使われないが、クリーチャーでの戦闘が中心となるリミテッドにおいては、相変わらず優秀なコンバット・トリックインスタント除去として働く。

直接射撃の下位互換ではあるものの、これはコモンのため、パウパーフォーマットで使えるという独自の利点がある。実績のある勇壮な対決/Epic Confrontationに比べてマナ・コストとタフネスへの修整値で劣るが、インスタントであることを活かしてより能動的にボード・アドバンテージへ繋げやすいのはあちらにない利点。

[編集] 参考

MOBILE