拷問生活/Tortured Existence

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tortured Existence / 拷問生活 (黒)
エンチャント

(黒),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。


墓地手札クリーチャーカードを入れ替えることができるエンチャント

極楽鳥/Birds of Paradiseなどの殺されやすい重要クリーチャーを回収しつつ手札のクリーチャーを墓地に置け、さらに生き埋め/Buried Aliveと組み合わせればまるで適者生存/Survival of the Fittestのように働く。そのため、当時のリアニメイトデッキで使われることがあった。

パウパーではこれをキーカードにした系デッキが存在する。 → 拷問生活

  • ゴルガリの茶鱗/Golgari Brownscaleが墓地と手札に1枚ずつあれば、少ないマナで効率的にライフを得られる。
  • カード名の「拷問生活」という耳慣れない言葉に違和感を感じる者もいるが、翻訳は誤りではない。「Tortured Existence」を「拷問に苛まれる生活、あるいはそれ程苦難に満ちた生活」の意味で訳すのは文法的に適切(existenceには「生活」の意味があり、形容詞+existenceで「~な生活」と訳すため)。またそうした生活を「拷問生活」と呼ぶこともある。

[編集] 参考

MOBILE