特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jaya Ballard, Task Mage / 特務魔道士ヤヤ・バラード (1)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) スペルシェイパー(Spellshaper)

(赤),(T),カードを1枚捨てる:青のパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。
(1)(赤),(T),カードを1枚捨てる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。特務魔道士ヤヤ・バラードはそれに3点のダメージを与える。これによりダメージを与えられたクリーチャーは、このターン再生できない。
(5)(赤)(赤),(T),カードを1枚捨てる:特務魔道士ヤヤ・バラードは、各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれ6点のダメージを与える。

2/2

フレイバー・テキストで一度は見たことがあるであろう彼女がついに時のらせんカード化。久々に登場するスペルシェイパーである。その能力は彼女の特徴を表した呪文3つ。

1つ目は赤霊破/Red Elemental Blast破壊の方の効果。さすがにカウンター能力をつけるのはWotCもやりすぎだと思ったのだろうか。

2つ目は火葬/Incinerate。1ターン1回とはいえ、手札1枚が火葬になるのは強力。バーンデッキなど系デッキの息切れ防止になる。

3つ目はインフェルノ/Inferno。自身も巻き込まれてしまうがそこはご愛嬌。

3マナ2/2と標準的なクリーチャーとしての質も備えており、3つも能力があるので強力なことは強力なのだが、隣接するラヴニカ・ブロックローウィン=シャドウムーア・ブロックには優秀な除去が溢れていたことが逆境であった。さらに、同ブロックの同マナ域に優秀なクリーチャーが他にいたことも採用率の低さの原因のひとつ。系のビートダウンならば硫黄の精霊/Sulfur Elementalが、コントロールなら月の大魔術師/Magus of the Moonの方がメタにマッチしていた。 決して悪くない実力を持っていながら活躍できずにスタンダードから退場してしまった、実に不遇なクリーチャーであった。

レガシーではペインター・グラインドストーンにしばしば1枚挿しされる。

せっかくフレイバー・テキストの大御所なのだから、是非彼女自身も素敵なものを持っていて欲しかったが、残念ながらルール文章のみ。さすがにこれだけたくさんの能力を持ってしまっては仕方がない。

  • なお、能力のうち1番目の(限定版)赤霊破のみフレイバー・テキストに彼女が登場しない。
  • 史上6体目の伝説のスペルシェイパーだが、プロフェシーのものと違って捨てるカードは1枚のみで良い。また、2つ以上の起動型能力を持っている唯一のスペルシェイパーである。
  • 2つの小技能力と1つの大技能力という組み合わせが何処となくプレインズウォーカーを連想させる。ヤヤ自身もプレインズウォーカー/Planeswalkerである。
  • スターライト・マナバーンではクリーチャー整備工場にモブで登場。ツナギを着ているが一言も言葉を発せず、イラスト通りの格好を保ったままなので異様な存在感を発している。
  • 掲示板やブログなどで「夜々」と表されることもあった。
    • 元ネタは、時のらせんのプレビューでこのカードが公開されたのと同時期に放送されていたアニメ「ストロベリー・パニック」の登場人物「南都夜々(なんとやや)」。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

MOBILE