現実を彫る者イクシドール/Ixidor, Reality Sculptor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ixidor, Reality Sculptor / 現実を彫る者イクシドール (3)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

裏向きのクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(2)(青):裏向きのクリーチャー1体を対象とし、それを表向きにする。

3/4

オンスロート・ブロックの主人公の一人。変異および予示クリーチャーロード的な能力を持つ伝説のクリーチャー

裏向きのクリーチャーに対する全体強化能力を持つが、普通は裏向きのまま殴り続けはしないし、伝説であるこれを複数並べることもできないので、せいぜい死ににくくする程度と思った方がよい。むしろ裏向きクリーチャーを表向きにする能力を使ったギミックの方が重要。

3マナでクリーチャーを表向きにできる能力はなかなか強力なのだが、これ自身の重さがネックとなり、トーナメントレベルで見かけることはなかった。

  • 両面カードが出たとき、このカードを両面カードのロードとして使えると勘違いした人は多い。残念ながら両面カードは第1面でも第2面でも常に表向きなので、第2面に変身したクリーチャーに修整が与えられることはない。
  • 彼の不幸は変異デッキが流行らなかったことよりも、ゲームぎゃざ誌の4コマ漫画やストーリー紹介サイトによって「ヘタレキャラ」というイメージが定着してしまったことだろう。彼が作り出した存在であるアクローマが彼自身よりはるかに強いということが、より一層そのイメージを確実なものにしてしまっていると思われる。実際のカードではそこそこハンサムであるだけに、非常に可哀想。
  • リメイクではないが、のちにこれを意識したクリーチャーとしてイクシドロン/Ixidronが登場している。

[編集] 参考

MOBILE