第2面

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

第2面/Back Faceとは、「変身」を表現する両面カードの「変身後の姿」、または「合体」を表現する合体カードの「合体後の姿」を表している面である。

[編集] 定義

両面カードまたは合体カードの第2面の左上には、第2面であることを示すシンボルが描かれている。収録されているセットによってシンボルの形は異なる。

[編集] ルール

  • 両面カードの第2面は唱えることができない。両面カードが戦場に出る場合、何らかの効果により「変身した状態で」戦場に出るのでない限り、第1面を表にして戦場に出る。
  • 両面カードで表されるパーマネントの第2面が表になっている場合、それは第2面の特性のみを持つ。
  • 合体カードの第2面は唱えることができない。合体カードが戦場に出る場合、「合体する」場合を除いて第1面を表にして戦場に出る。
  • 合体カードが組み合わされたパーマネントは、その第2面が組み合わさった特性のみを持つ。
    • 例外的に、第2面の点数で見たマナ・コストは、原則として組み合わさった第1面の点数で見たマナ・コストの合計の値となる。
  • 第2面にはマナ・コストが存在しないため、第2面の色指標によって定義される。色指標がない場合は無色である。

詳細は両面カード合体カード変身および合体の項を参照。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.0

  • 7 その他のルール
    • 711 両面カード
      • 711.1 両面カードとは、カードの一方にマジックのカードのオモテ面、もう一方にマジックのカードの裏面があるのではなく、両方にマジックのカードのオモテ面があるカードである。各面は、そのカードを「変身させる」、あるいは一方からもう一方の面に変える能力を持つことがある。トークンや、マジックの裏面を持つカード変身させられない(rule 701.27変身する〕参照)。
        • 711.1b 両面カードの第2面には、左上の角に第2面シンボルが記されている。『マジック・オリジン』『基本セット2019』の両面カードでは、第2面シンボルはプレインズウォーカー・アイコンである。『イニストラード』ブロックおよび『イニストラードを覆う影』セットと、『異界月』の《揺るぎない頭目、ウルリッチ》では、第2面シンボルは三日月である。それ以外の『異界月』の両面カードでは、第2面シンボルはエルドラージの巨人エムラクールを元にしたシンボルである。『イクサラン』と『イクサランの相克』のカードでは、第2面シンボルは土地アイコンである。


MOBILE