盾魔道士、テヨ/Teyo, the Shieldmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Teyo, the Shieldmage / 盾魔道士、テヨ (2)(白)
伝説のプレインズウォーカー — テヨ(Teyo)

あなたは呪禁を持つ。(あなたは対戦相手がコントロールしている呪文や能力の対象にならない。)
[-2]:防衛を持つ白の0/3の壁(Wall)クリーチャー・トークンを1体生成する。

5

灯争大戦で初登場した新米プレインズウォーカー。盾魔道士の名に相応しくコントローラー呪禁を付与する常在型能力と、クリーチャートークン生成する忠誠度能力を持つ。

常在型能力
コントローラーへの呪禁付与。
神聖の力線/Leyline of Sanctityなどと同様、手札破壊本体火力などを強く咎める能力。これを直接対処されてしまう恐れはあるが、避雷針や時間稼ぎと割り切ればそれでも十分。対戦相手デッキ次第ではこの能力を目当てに採用することもあるだろう。
-2能力
0/3の防衛持ちトークンの生成。
コントローラー、そしてこれを含む各種プレインズウォーカーのブロッカーとしての役割を果たす。パワー0かつ防衛持ち、更にタフネスも3とそこそこ止まりなので完全な一時しのぎ用だが、マナ手札を消費せずにブロッカーを準備できるため、間接的にではあるがテンポ向上に寄与してくれる。これで時間を稼いでいる間に盤面を整えたい。例によって、何らかの生け贄要員に充ててしまってもよいだろう。

いずれの能力もプレイヤーやプレインズウォーカーの保護に重点を置いており、コントロールデッキの時間稼ぎに有効である。呪禁付与能力は対象を取る火力や手札破壊はもちろんのこと、特にリミテッドで脅威となる夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Renderライブラリー破壊を無力化できる点で優秀。

上述の通り、呪禁の付与によりバーン系の火力に対して強くなるが、その分自身を焼かれる危険性もある。ほかのアンコモンプレインズウォーカーにも言えることだが、特に狙われやすいため、忠誠度能力をあえて使用しない選択も時には必要。増殖を利用して忠誠カウンターを増やしてもいいだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、アンコモン単色プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。各に2枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

テヨ・ベラダ/Teyo Veradaラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。人間の男性。

詳細はテヨ・ベラダ/Teyo Veradaを参照。

[編集] 参考

MOBILE