プレインズウォーカー (カード・タイプ)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プレインズウォーカー/Planeswalkerは、カード・タイプの1つ。


Ajani Goldmane / 黄金のたてがみのアジャニ (2)(白)(白)
伝説のプレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:あなたは2点のライフを得る。
[-1]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。それらのクリーチャーは、ターン終了時まで警戒を得る。
[-6]:白のアバター(Avatar)・クリーチャー・トークンを1体生成する。それは「このクリーチャーのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたのライフの総量に等しい。」を持つ。

4

目次

[編集] 解説

ローウィンから新たに追加されたカード・タイプ。プレイヤーと同等のプレインズウォーカー/Planeswalkerであるキャラクターを表している。アラーラの断片ブロックからストーリー、ゲーム環境、広報などマジック:ザ・ギャザリングを象徴するものとして扱われるようになった。

忠誠度というプレイヤーでライフに当たる値を持ち、それを足し引きすることで各キャラクターが得意とする魔法を表した忠誠度能力を使うことができる。

カードデザインは他のカード・タイプと全く異なる物が用いられ、イラストに描かれたプレインズウォーカーがイラストの枠から(わずかではあるが)はみ出ている物が半数を超えている(カード画像)。

[編集] ルール

優先権を持つプレイヤーは、自分のメイン・フェイズで、スタックが空の間、プレインズウォーカー・カード手札から唱えることができる。プレインズウォーカー呪文が解決されるとき、そのコントローラーは、それを自分のコントロール下で、右下に書いてある忠誠度に等しい数の忠誠カウンターが置かれた状態で戦場に出す

すべてのプレインズウォーカー・カード特殊タイプ伝説の」を持っており、レジェンド・ルールの適用を受ける。イクサランより前に印刷されたプレインズウォーカー・カードには伝説と書かれていないが、オラクルの変更によって伝説の特殊タイプを持っている。

[編集] プレインズウォーカー・タイプ

プレインズウォーカーとしてのサブタイププレインズウォーカー・タイプと呼ばれる。これはクリーチャー・タイプとは異なる。これ自体にルール上の意味はないが、他から参照されることがある。

[編集] 忠誠度

プレインズウォーカーは忠誠度という独自の特性を持ち、カードの右下に記載されている数値がその初期値である。プレインズウォーカーは戦場に出るに際し、その数値と同数の忠誠カウンターが置かれた状態で戦場に出る。戦場にある間はその上に乗っている忠誠カウンターの数が忠誠度である。状況起因処理の1つとして、忠誠度が0であるプレインズウォーカーは、そのオーナーの墓地に置かれる。

詳しいルールは忠誠度の項目を参照。

[編集] 忠誠度能力

プレインズウォーカーは忠誠度能力と呼ばれる、忠誠シンボルをコストに含む起動型能力を持っている。忠誠度能力には通常の起動型能力とは異なる特別なルールが存在する。

詳しいルールは忠誠度能力の項目を参照。

[編集] 戦闘やダメージに関するルール

プレインズウォーカーと戦闘ダメージに関するルールは以下の通りである。

  • プレインズウォーカーはクリーチャーではない。それ自身は攻撃にもブロックにも参加できない。
  • プレインズウォーカーにダメージが与えられた場合、その値に等しい数の忠誠カウンターが取り除かれる。その結果、忠誠カウンターが0個になったならば、状況起因処理により墓地に置かれる。
  • プレインズウォーカーをコントロールするプレイヤーに攻撃をする場合、攻撃側はプレインズウォーカーかプレイヤーのどちらを攻撃するかを選ぶ。戦闘に関しては通常通りの処理を行うが、ブロックされなかった場合は「選んだ攻撃先へ戦闘ダメージ割り振る」ことになる。
    • 例:対戦相手がAとBというクリーチャーをコントロールし、あなたはプレインズウォーカーをコントロールしており、またクリーチャーはコントロールしていない。Aの攻撃先をプレインズウォーカーとし、Bはあなたへと攻撃した場合、あなたはブロックするクリーチャーがいないため、Aはプレインズウォーカーに、Bはあなたに戦闘ダメージを与える。
    • またトランプルによるダメージも通常通り扱われ、余剰ダメージ分は攻撃している方へ与えることになる。注意すべきはプレインズウォーカーの忠誠度を越えるダメージがあっても、その余剰分をそのコントローラーに与えることはできない点である。
  • プレインズウォーカーが攻撃されているとき、そのプレインズウォーカーが戦場を離れたり、コントローラーが変わったりした場合、そのプレインズウォーカーは戦闘から取り除かれる。しかし、それを攻撃しているクリーチャーは依然として攻撃クリーチャーのままである。この場合、それら攻撃クリーチャーはブロック・クリーチャーに戦闘ダメージを与えるが、攻撃していたプレインズウォーカーがいないため、それに与えるはずだったダメージは発生しない。

[編集] 旧ルール

マジック:ザ・ギャザリングに後から追加されたまったく新しいルールを持つカード・タイプであり、そのルールは登場後から何度か変更されている。その都度デッキ構築やプレイングに少なくない影響を及ぼしてきた。

[編集] プレインズウォーカーの唯一性ルール(廃止)

プレインズウォーカーが初めて登場したときのルールでは、戦場に共通のプレインズウォーカー・タイプを持つプレインズウォーカーが2体以上存在した場合、そのすべてがオーナーの墓地に置かれる。これは状況起因処理である。

2013年7月の基本セット2014発売に伴うルール変更により、レジェンド・ルールと同じく、1人のプレイヤーが共通のプレインズウォーカー・タイプを持つプレインズウォーカーを2体以上コントロールしている場合、そのプレイヤーがその中から選んだ1体だけ戦場に残り、残りはオーナー墓地に置かれるように変更された。

2017年9月のイクサラン発売に伴うルール変更とオラクル変更により、プレインズウォーカーの唯一性ルールは廃止され、すべてのプレインズウォーカーは「伝説の」特殊タイプを持つようになった。

[編集] プレインズウォーカーへのダメージの移し替え(廃止)

初めて登場したときのルールでは、プレインズウォーカーへ戦闘ダメージ以外のダメージを与えるためには、専用のルールによってプレイヤーからプレインズウォーカーにダメージを移し替える手順が必要だった。プレイヤーへ混乱を招くとして、2018年4月のドミナリア発売に伴う総合ルール変更により廃止された。

この変更によって、「プレイヤー(対戦相手)1人を対象とする」ダメージを与える能力やダメージを軽減する能力の対象先は、「プレイヤー(対戦相手)1人かプレインズウォーカー1体を対象とする」に変更された。一方、激情の薬瓶砕き/Vial Smasher the Fierceを除いて、「対象のプレイヤーの情報を参照して与えるダメージ量が決まる」ものと「対象を取らずダメージを与える」ものはこのエラッタを受けないため、プレインズウォーカーへダメージを与えられなくなった。

プレインズウォーカーへのダメージの移し替えルール廃止前のルール、および挙動が変化したカード等については、移し変え効果#プレインズウォーカーへのダメージの移し変えルールを参照。

[編集] ストーリー

マジックのプレイヤーはプレインズウォーカー/Planeswalkerという設定である。プレインズウォーカーを唱えるということは、そのプレインズウォーカーに協力を要請するということであり、プレインズウォーカーをコントロールしているということは、一緒に戦っているということである。

  • 戦闘やダメージに関するルールも、この設定に準じたものになっている。彼らは基本的にあなたの要求に従い力を貸してくれるが、対戦相手がそのプレインズウォーカーを直接狙ってきた場合でもなければ、わざわざあなたの身代わりになってはくれないのである。
    • 逆に、あなたの意思であなたがプレインズウォーカーの身代わりになることもできないので、そもそもプレインズウォーカー同士が身を護ること自体が難しいのかもしれない。
    • 例外的に、戦闘のみでならあなたの身代わりのように攻撃を引き受けてくれる能力を持つ者もいる。(→ギデオン・ジュラ/Gideon Juraなど)
  • 忠誠度能力と忠誠度に関して、Mark Rosewaterは自身のコラムで以下のように解説している[1]
    • プラスの忠誠度能力は、そのプレインズウォーカーにとって簡単で楽しいことなので、それを楽しんでそこに残ろうとする(=忠誠度が上昇する)。
    • マイナスの忠誠度能力は、困難で労力がいる任務なので、プレインズウォークして去ろうという気分になる(=忠誠度が減少する)。
    • 忠誠度が0になったプレインズウォーカーは墓地に置かれるが、それは彼らが死んだことを意味するのではなく、それ以上プレイヤーを助けるつもりがなくなっただけである。
  • 時のらせんブロック以前のプレインズウォーカーは神の如き力を持っており、カード1枚の能力として表現するには不適切であったため、カード化されなかった。しかし、大修復/The Mendingによってプレインズウォーカーが大きく力を失ったため、カード化することが可能になった。
    • さらに時を経て、統率者2014のデザインにおいて「プレインズウォーカー・カードはプレインズウォーカーの全ての力を描いたものではなく、助けを求めた魔術師(コントローラー)を助けようという意志の分だけの力を描いたものである」と定義し直された[2]。これによって、大修復以前の旧世代プレインズウォーカーをカード化することも可能となった。

[編集] プレインズウォーカーのデザイン

マジックの顔役となる存在のため、プレインズウォーカーのデザインには厳しい制約が課せられている。

稀少度
プレインズウォーカーの稀少度は、ほぼ全て神話レアで統一されている。以下にその例外を記す。
収録枚数
基本的に、各基本セットにはプレインズウォーカーが各色1枚の計5枚(多色カードか無色カードとして6枚目のプレインズウォーカーが収録される場合もある)、エキスパンションか新規カードを含めた特殊セットには2~3枚のプレインズウォーカーが収録される。特殊セットでも、ブースターパックではなく構築済みデッキの販売形式を持つ統率者戦用セットなどでは4~5枚のプレインズウォーカーが収録されることがある。プレインズウォーカーは収録セットだけでなく、スタンダード全体の環境を考慮に入れて色や性能のバランスが考慮されることになる。
  • 灯争大戦では、過去最多の37枚(BOX特典カードを含む)ものプレインズウォーカー・カードが一度に収録された。
カードデザイン
プレインズウォーカーのデザインは色だけでなくそのキャラクターによっても制限される。開発部は各キャラクターの同一性を維持するため、各キャラクターがやっていいことと、やってはいけないことのリストを保持している[3]。これは基本セット2013闇の領域のリリアナ/Liliana of the Dark Realmsが非常に不評だったことに起因している[4][5]
誕生以降プレインズウォーカーは忠誠度能力以外の能力を持たず、起動コストが忠誠度小プラス、小マイナス、起動に時間がかかる代わりに勝利に直結するような極大な効果を持つ大マイナスの3つの忠誠度を持つデザインとなっていた。小プラスや小マイナスを持たない狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant、自身の取り扱いに関する能力を持つ情け知らずのガラク/Garruk Relentless石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancerなどの例外はあれ基本の型は守られてきた。灯争大戦以降は、大マイナスのコストが軽くなる代わりに効果もお手頃なものであったり、忠誠度能力が2つ以下しか無いプレインズウォーカーもデザインされるようになっている。
セット固有のメカニズム
当初、プレインズウォーカーにはセット固有のメカニズム常磐木でないメカニズム)を使わないという原則があった(情け知らずのガラク/Garruk Relentlessなど、例外は認められる)。これは、プレインズウォーカーにその次元/Planeよりも大きな存在であるという雰囲気を持たせるためである。後にこの方針は変更され、王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns食物)、太陽の宿敵、エルズペス/Elspeth, Sun's Nemesis脱出)、鏡映魔道士、ジェイス/Jace, Mirror Mageキッカー)など、逆にセット固有のメカニズムが積極的に使われるようになった。これは、見た目よりもずっと狭いプレインズウォーカーのデザイン空間を広げるためである[6]
プレインズウォーカーへ言及したカード
ルール文章で特にプレインズウォーカーに言及しているカードも稀少度が高く設定されることが多い。これは「複雑なカードほど稀少度を高くする」というデザイン方針による。また「プレインズウォーカーに直接手出しするのは特別なことである」というフレイバー性も含んでいる[7][8]
ドミナリアでのダメージの移し替えルールの変更に伴うテンプレート変更により、ダメージ(主に本体火力)や軽減効果を扱うカードにおいては稀少度に関係なくプレインズウォーカーへの言及が見られるようになった(例:溶岩の斧/Lava Axe)。灯争大戦では立ち上がる民衆/Rising Populaceのように、ダメージや軽減に限らずプレインズウォーカーへ言及した低稀少度カードが多数登場した。またその後も焦熱の竜火/Scorching Dragonfireとどめの一撃/Finishing Blowなど、除去に関してはクリーチャーと同等に扱うカードがコモンに登場するようになっている。
  • 日本語版では「任意の対象」の対訳が存在しない都合上、プレインズウォーカーへ言及した低稀少度カードがさらに多く見られる(例:ショック/Shock)。詳細は任意の対象の項を参照。
プレインズウォーカーデッキ
プレインズウォーカーはマジックの華とも言えるものであり、特別なものであることを意図する一方、初心者プレイヤーの手に行き渡らないことは問題であった。それを解決するため、カラデシュからはプレインズウォーカーデッキが発売されることとなった。プレインズウォーカーデッキのプレインズウォーカーは初心者が好きになるような派手な強さを持つ一方、トーナメントで必須にはならないようにデザインされ、前述のスタンダード環境のバランスの制約を受けない[9][10]

[編集] その他

[編集] 脚注

  1. Odds & Ends: War of the Spark/こぼれ話:『灯争大戦』Making Magic 2019年5月13日 Mark Rosewater著)
  2. Fate-ful Stories, Part 2/運命的な話 その2(Making Magic 2015年1月19日 Mark Rosewater著)
  3. Designing Rivals of Ixalan Planeswalkers/『イクサランの相克』のプレインズウォーカーをデザインする(Play Design 2018年1月19日 Melissa DeTora著)
  4. Storming the Gatecrash, Part 1/ギルド門侵犯の嵐 その1(Making Magic 2013年1月21日 Mark Rosewater著)
  5. Magic 2015 Wrap-Up/よくわかる『基本セット2015』Latest Developments 2014年7月4日 Sam Stoddard著)
  6. More Zendikar Rising Stars/さらなる『ゼンディカーの夜明け』の明星(Making Magic 2020年9月21日 Mark Rosewater著)
  7. Card Day's Night/ラヴニカがやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ!(Making Magic 2012年9月24日 Mark Rosewater著) - 戦慄掘り/Dreadboreの項目
  8. Theroses Are Red (and White, Blue, Black, and Green), Part 1 /テーロス、それは赤き者(とか白とか青とか黒とか緑とか) その1(Making Magic 2013年9月23日 Mark Rosewater著) - 英雄の破滅/Hero's Downfallの項目
  9. Ramp of Approval/試供品の次は (Making Magic 2016年5月16日 Mark Rosewater著) 
  10. Starting with Kaladesh, we're going to have those...Blogatog 2016年6月1日)
  11. Cards of Alara(Making Magic 2008年9月26日 Mark Rosewater著)
  12. An Angel's Eye View of Bant(Savor of Flavor 2008年10月8日 Doug Beyer著)
  13. Odds & Ends: Amonkhet, Part 2/こぼれ話:『アモンケット』 その2(Making Magic 2017年5月29日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200703.2

MOBILE