蛙化/Frogify

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Frogify / 蛙化 (1)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントしているクリーチャーは能力をすべて失い、基本のパワーとタフネスが1/1の青のカエル(Frog)・クリーチャーである。(それは他のカード・タイプとクリーチャー・タイプをすべて失う。)


エンチャントになった蛙変化/Turn to Frog、あるいはクリーチャー・タイプも変更するカズミナの変成/Kasmina's Transmutation

リミテッドにおける貴重な疑似除去オーラであり、一度出されるとでは対処が難しい破壊不能持ちやシステムクリーチャーをたった2マナで無力化できるのが便利。白青に存在するエンチャントの有無を参照するカード群とも相性が良く、魔法の眠り/Charmed Sleepと比べてシングルシンボルなので多色デッキでも使いやすい。青を選ぶなら優先的にピックしたい。

クリーチャー・タイプを変更する効果は、騎士のタイプを失わせることで各種サポートを受けられなくする効果がある一方、人間につけた場合は「人間でない」サポートが受けられるようになるため一長一短。脱ぎ捨て/Cast Off等の影響も受けるようになるが、リミテッドでは稀だろう。変わったところでは1/1が生まれることで恋煩いの野獣/Lovestruck Beast攻撃可能になるといった影響もあるので、多少は気に留めておきたい。

  • モチーフは、グリム童話かえるの王さま(かえるの王子さま)』だろう。自分を助けてくれたカエルを王女は嫌がるが、彼女がカエルを壁に叩きつけようとすると、魔法が解けてカエルは王子の姿に戻る。
    • 王女のキス魔法が解ける」という王子の姿に戻る切っ掛けが異なるバージョンも存在し、こちらはゲーム内でも再現可能になっている。

[編集] 参考

MOBILE