恋煩いの野獣/Lovestruck Beast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lovestruck Beast / 恋煩いの野獣 (2)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast) 貴族(Noble)

あなたが1/1のクリーチャーをコントロールしていないかぎり、恋煩いの野獣では攻撃できない。

5/5
Heart's Desire / 切なる想い (緑)
ソーサリー — 出来事(Adventure)

白の1/1の人間(Human)クリーチャー・トークンを1体生成する。(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてもよい。)


人間の美女に恋する出来事を持つ醜い野獣貴族

当事者の本人は恋する対象である1/1のクリーチャーコントロールしていないと攻撃ができないが、5/5というサイズは文句なし。スタンダード環境において一般的に戦場を支配できる3マナ4/4前後のサイズをさらに上回る大きさであり、ブロックは普通にできるため最悪格闘要員として、対戦相手がヘビーなコントロールデッキでない限りは無駄になりづらい。

「美女」を自分の出来事で生み出せるのが非常に大きく、抜群に相性のよいエッジウォールの亭主/Edgewall Innkeeperと組むだけで8枚は1/1供給カードをデッキに搭載できる。前述通りそもそも攻撃できずとも意外と腐りづらい活用性があり、残り1種ほど1/1を兼ねるカードがあれば十分働けるだろう。シングルシンボルなのもポイントで、相性のよいカードと組ませやすい。切なる想いが1マナと軽いのも優秀で、テンポを損なわずに複数のクリーチャーを展開できる。

登場時のスタンダードではアドベンチャー系の主力として活躍するほか、グルール・アグロフード系デッキなどシナジーの薄いデッキにおいても採用が散見される。上述の通り強力なブロッカーとしてクリーチャーデッキに対抗できるため、サイドボードからの投入も多い。

パイオニアではアグロ戦略の相手に対する強固な壁兼、主にカラデシュ機体搭乗役として相性がよく、スタンダードにはないメカニックっぷりを発揮している。余った1マナでチャンプブロッカーを出せるためマナカーブ補完にもなり、なおかつバウンスにもある程度耐性があるので環境に適した1枚。

[編集] ルール

  • 恋煩いの野獣が攻撃クリーチャーに指定された後、あなたが1/1のクリーチャーコントロールしなくなったとしても、それが戦闘から取り除かれることはない。
  • 印刷された値ではなく、修整などを含めた最終的な特性が1/1のクリーチャーがいなければ攻撃できない。
  • 恋煩いの野獣自身が1/1になった場合、他の1/1のクリーチャーをコントロールしていなくてもそれで攻撃できる。
    • フレイバー的にはおかしく見えるが、リリースノート曰く「自分自身を愛することが幸福へ続く道の第一歩であるということを学んだ」とのこと[2]

[編集] 脚注

  1. The Tokens of Throne of Eldraine/『エルドレインの王権』のトークン(Card Preview 2019年9月19日 Chris Gleeson著)
  2. Throne of Eldraine Release Notes/『エルドレインの王権』リリースノートDaily MTG 2019年9月20日)

[編集] 参考

MOBILE