黄泉からの橋/Bridge from Below

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bridge from Below / 黄泉からの橋 (黒)(黒)(黒)
エンチャント

トークンでないクリーチャーが1体戦場からあなたの墓地に置かれるたび、黄泉からの橋があなたの墓地にある場合、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
クリーチャーが戦場から対戦相手1人の墓地に置かれたとき、黄泉からの橋があなたの墓地にある場合、黄泉からの橋を追放する。


ゾンビトークン大量生産エンチャント。ただし、効果を発揮するのは墓地にあるときのみ。戦場に出てもなんら影響を及ぼさない、未来予知らしいぶっ飛んだエンチャントである。

とりあえず墓地に置いておけばいいので、共鳴者あたりで捨てておけばビートダウン・デッキの息切れ防止にはなる。その場合はを合わせる必要がないので、のデッキなどにも問題なく入る。また、共鳴者次第では「相手の除去に対応して墓地に置く」という動きができるため、奇襲性を持たせることも十分狙える。

反面、相手がクリーチャー生け贄に捧げる手段を持っていると、任意のタイミングで追放されてしまう。それでもマナ支払って出したわけではないため、墓地に落とした手段によっては、直接的にアドバンテージを失わずに済むか。

その性質上、クリーチャーの少ないパーミッションデッキ相手には極めて効果的。また発掘バザールの大魔術師/Magus of the Bazaarなどの直接墓地に落とすカードとも相性が良く、これらのものをキーカードとしたコンボデッキナルコブリッジブリッジ・ヴァインである。

2019年7月12日(Magic Onlineでは7月8日)より、モダン禁止カードに指定される[1]モダンホライゾンから甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis狂気の祭壇/Altar of Dementiaを獲得し大きく強化されたブリッジ・ヴァイン、通称ホガーク・ヴァインは、高い勝率やキルターンの早さからメタゲームを歪ませてしまっていた。ホガーク・ヴァインを弱体化させつつ他のデッキへの影響を最小限にする禁止カードの選択肢としては、他にホガークや狂気の祭壇も検討されたが、最終的には、将来再び問題を起こす可能性が最も高いこのカードが選ばれた。

  • このカードは「未来からの再録」という設定の未来予知と再録セットにしか収録されていないので、「新規収録前に禁止されたカード」という前代未聞の記録を打ち立てた。これは、新規収録されているセットが発売されてすぐタイプ1.5で禁止された精神の願望/Mind's Desireをも上回る最速記録(?)である。

[編集] 脚注

  1. July 8, 2019 Banned and Restricted Announcement/2019年7月8日 禁止制限告知

[編集] 参考

MOBILE