Mana Abundance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mana Abundance (2)(赤)
ワールド・エンチャント

プレイヤーがマナを加えるなら、代わりにすべてのプレイヤーがそのマナを加える。
[テストカード - 構築では使用できない。]


マナを生み出すと同じマナを他のプレイヤーにも分け与えるようになるワールドエンチャント。よりらしく混沌をもたらすようになったほとばしる魔力/Mana Flareの変形版といったところか。

一応ある種のマナ加速として機能するが、自分ではなく対戦相手からマナを分けてもらうため相手に依存する部分が大きく勝手が異なる。ほとばしる魔力とは違い、相手に悪用されることを防ぎつつ自分は最大限に生み出されたマナを活用する運用が可能。通常、先に恩恵を受けられるのは自分なのもポイント。

インスタント瞬速を多く投入したデッキで、分け与えられたマナだけを使って戦うのは好ましくない。そのような立ち回りでは、相手が動いてくれなければ何もできなくなってしまう。手札戦場の状況を見つつ、相手が動きにくく、動かれてもリカバリーしやすい自分のターンの間にも適切に呪文唱えていくのがいいだろう。

[編集] 参考

MOBILE