マナフィルター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナフィルター(Mana Filter)はマナコストとして色マナを生み出す能力やそれを持つカードの俗称。マナのをフィルターを通したかのように別のものにすることから、こう呼ばれる。単に「フィルター」と呼ばれることも。


Bog Initiate / 沼の信徒 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(1):(黒)を加える。

1/1


Mana Prism / マナ・プリズム (3)
アーティファクト

(T):(◇)を加える。
(1),(T):好きな色1色のマナ1点を加える。


例えば、沼の信徒/Bog Initiate黒マナに変換するマナフィルター、マナ・プリズム/Mana Prismは好きな色マナに変換するマナフィルターである。

主に多色デッキで使われ、色事故を防止して安定性を高める効果がある。また、無色マナしか出せない無限マナデッキで色マナを得るために使われる場合もある。

色の役割としては、好きな色へのマナフィルターはの専売特許。は他のマナを自分の色マナに変換するタイプのフィルターを持つ。にとっては苦手分野で、ほとんど存在しない。アーティファクト土地に備わっていることもある。

[編集] 参考

MOBILE