Mirror Mirror

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mirror Mirror (7)
アーティファクト

Mirror Mirrorはタップ状態で戦場に出る。
(7),(T),Mirror Mirrorを生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。ターン終了時に、そのプレイヤーのライフの総量とあなたのライフの総量を交換する。ゲーム終了時まで、あなたがコントロールするすべてのカード、あなたの手札、ライブラリー、墓地にあるすべてのカードをそのプレイヤーと交換する。


Mirror Universeのパロディカード。Mirror Universeライフ交換するだけだが、これは同時にパーマネント手札ライブラリー墓地も交換する。つまり、実質的にプレイヤー同士を入れ替えたのと同じことになる。

このテキストに忠実に処理しようとすると、正しく処理できないうえに混乱が起こる。銀枠なのであまり厳密には考えず、実際には「全ての領域にあるカードコントロールオーナーを交換する」として、(カードをそのままに)プレイヤーの座っている場所だけを交換することが多い。

  • このときのオーナーの交換はアンティ関連によるものとは違い、あくまで便宜上の仮の交換である。
  • 現在のルールに当てはめると「あなたがコントロールするすべてのカード」は存在しないことになる。これは、プレイヤーがコントロールするのはパーマネント呪文(と能力)のみだが、「カード」と言う場合はパーマネントと呪文を含まないため。当時のルールでは「カード」は全ての領域のカードを含んでいたため、これは今で言う「トークンではないすべてのパーマネントと、コピーではないすべての呪文」を意味していた。

[編集] 参考

MOBILE