Ravidel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ravidelラヴィデル)はArmadaコミックのキャラクター。

[編集] 解説

上半身裸の蛮族のような格好の青年。シャード/The Shardの12世界の内、ドミナリア/Dominaria以外のいずれかの世界出身。

氷河期にはプレインズウォーカー/PlaneswalkerFaralyn(ファラリン)のspellsquire(呪文従者)として働き、Avenging Angel(報復天使)の二つ名で呼ばれる。ファラリンに仕えるルエル/Rhuellがただ一人の親友で、共にシャード現象の調査を行い、Summit of the Null Moon(虚月の頂上会談)にも出席する。

頂上会談でルエルが殺された後、レシュラック/Leshracに襲い掛かるが、返り討ちに遭い死亡する。クリスティナ/Kristinaの慈悲により蘇生するものの、唯一無二の親友を失い、忠誠を尽くした主人に捨てられ、だが復讐するには力不足…その絶望的な現実が彼を狂気に走らせてしまう。

以後、戦闘魔道士(Battlemage)を名乗るラヴィデルはコロンドール/Corondor大陸を舞台に数多のプレインズウォーカーを巻き込んだ大戦を仕掛ける巨悪となる。

[編集] 訳語

「Ravidel」はアメコミ「The Shadow Mage vol.2」巻末の発音ガイドで「RAV-ih-dell」とされており、長らく「ラヴィデル」とされていた。私家訳には「レヴァイダル」とするものも。 その後、『統率者レジェンズ』の伝説たち その2で正式に「ラヴィデル」が日本語訳として与えられた

[編集] 参考

MOBILE