しもべの誓い/Oath of Lieges

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oath of Lieges / しもべの誓い (1)(白)
エンチャント

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分の対戦相手であるとともに、自分よりも多くの土地をコントロールしているプレイヤーを対象として選ぶ。前者のプレイヤーは「自分のライブラリーから基本土地カードを1枚探してそれを戦場に出す。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。


誓いサイクル版。調整版土地税/Land Taxで、対戦相手にも影響するようになった。

手札ではなく直接戦場に出るので、そのままでは土地税のようにハンド・アドバンテージに繋げることはできないし、放っておくと相手にも有利に影響してしまう。繰り返し土地生け贄に捧げる手段や、交易路/Trade Routesで手札に戻す手段を用意するのが有効。同セットのペガサスの暴走/Pegasus Stampedeも合っていて良い相方になる。

サイクル共通ではあるが、象牙の仮面/Ivory Maskなどで自分対象にならないようにすれば、デメリットを気にせず一方的に利用出来る。しもべの誓いはそれらと色も合うためサイクルの他のカードより狙いやすい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エクソダスの誓いサイクル。各アップキープ開始時にアクティブ・プレイヤーが不利な状態ならば効果を発揮する。

[編集] ルール

  • 能力の対象として適正なのは「アクティブ・プレイヤーの対戦相手であるとともに、アクティブ・プレイヤーよりも〇〇が多いプレイヤー」である。解決時までにゲームの状況が変化して同等か少なくなっていた場合、不正な対象となり解決されない(立ち消え)。

[編集] 旧ルール

  • 印刷時の誘発型能力(当時はフェイズ能力)は、「if節ルールの条件内で対象をとる」という現在では不可能な誘発条件が与えられていた(if節の条件は誘発するかどうかをチェックするが、対象はそのチェックが終わった後にしか選べない)。オラクル更新でフェイズ能力が誘発型能力の書式に改められるのに際し、誘発条件のif節から対象の指定は取り除かれ、いずれかの(アクティブ・プレイヤーの)対戦相手1人が条件を満たしていれば誘発・解決するように変更された。
    • 先述の更新で魔道士の誓い/Oath of Magesは条件を満たさない対戦相手も対象にとれるように変更されていたが、後のオラクル更新で「if節を用いず、誘発する際に条件を満たす対戦相手を対象にとる」という挙動に変更された。また、if節を用いていたサイクルの他の4枚も、印刷時の挙動に近づけるため、2009年10月のオラクル更新で魔道士の誓いと同様の挙動へと変更された。

[編集] 参考

MOBILE