はじける破滅/Crackling Doom

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Crackling Doom / はじける破滅 (赤)(白)(黒)
インスタント

はじける破滅は各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。各対戦相手はそれぞれ、自分がコントロールするクリーチャーの中で最も高いパワーを持つクリーチャーを1体生け贄に捧げる。


本体火力付きのクリーチャー除去呪文効果布告系除去に似ているが、が混じったことで最も高いパワーのクリーチャーだけが選ばれるようになった。

布告同様、呪禁持ちや破壊不能持ちを対処できる点が強み。融通が利かない面はあるものの、戦場で最も大きな脅威は最もパワーの高いクリーチャーであることが多く、布告よりはこちらの望む結果が得られる可能性が高い。赤白黒は他にもクリーチャー除去を多数擁する色の組み合わせであるため、システムクリーチャーなどはそちらでカバーするとよいだろう。

スタンダードにおいてはマルドゥミッドレンジでほぼ4枚積みされる重要パーツとなっている。特にタルキール龍紀伝参入後は龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Deathといった除去耐性持ちが環境に増えているため、価値が上がっている。

ローテーション後も引き続きマルドゥミッドレンジで使われているが、さらにダークジェスカイでも採用されている。

ダメージ生け贄強制も各対戦相手に影響するため、多人数戦ではさらに強力。統率者戦では巨大なるカーリア/Kaalia of the Vastなどを統率者に据えたデッキであれば採用を検討できるだろう。

  • 対戦相手1人がコントロールするクリーチャーの中に最大のパワーのものが2体以上いる場合は、その対戦相手がそれらの中から1体を選ぶ。

[編集] 参考

MOBILE