イゼットコントロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

イゼットコントロール(Izzet Control)は、ヴィンテージに存在するタッチパーミッションイゼットのギルド魔道士/Izzet Guildmageアドバンテージの中核として使用したコントロールデッキ


Izzet Guildmage / イゼットのギルド魔道士 (青/赤)(青/赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

((青/赤)は(青)でも(赤)でも支払うことができる。)
(2)(青):点数で見たマナ・コストが2以下の、あなたがコントロールするインスタント呪文1つを対象とし、それをコピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。
(2)(赤):点数で見たマナ・コストが2以下の、あなたがコントロールするソーサリー呪文1つを対象とし、それをコピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。

2/2

イゼットのギルド魔道士で、蓄積した知識/Accumulated Knowledge渦まく知識/Brainstormコピーして得たアドバンテージで押し切るのがコンセプトである。

遅いコントロールデッキにも関わらず魔力の墓所/Mana Cryptの合わないMox等のマナ加速がふんだんに使われている。理由は2つあり、1つは安定してギルド魔道士のコピー能力を使うため、もう1つはフィニッシャーの1つであるダークスティールの巨像/Darksteel Colossus専用の修繕/Tinkerを使うためである。因みにギルド魔道士が3枚に巨像1枚というクリーチャーの構成は、どのデッキでもほぼ共通している。

パーミッションの形態を取るため、コピーできる呪文の殆どがインスタントであり、ソーサリーTime Walk悪魔の教示者/Demonic Tutor商人の巻物/Merchant Scrollが僅か1枚ずつのみ。シルバーバレットに特化し、狡猾な願い/Cunning Wishを使用する他、上記2つのサーチカードや神秘の教示者/Mystical Tutorにより、メインデッキの中でのシルバーバレットも可能にしている。

またギルド魔道士と相性がよいとされる火力だが、通常は火+氷/Fire+Iceが1枚(サイドボードと合わせて2枚)だけ搭載されている。このカードなら、搭載されているどのサーチカードからでも探してくることができるのも特徴。

  • 補助としてResetが1枚入っていることも多い。ギルド魔道士が出ている状態で手札に持ってくれば、(2)()(青)(青)+土地4つで無限マナが出せる。
  • スタンダードでのイゼットカラーのコントロール全般を指すこともある。その場合、デッキ名としてより、俗称の意味合いが強い。

[編集] 参考

MOBILE