クラーケン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

クラーケン/Krakenとはクリーチャー・タイプの1つ。


Polar Kraken (8)(青)(青)(青)
クリーチャー — クラーケン(Kraken)

Polar Krakenはタップ状態で戦場に出る。
累加アップキープ ― 土地を1つ生け贄に捧げる。(あなたのアップキープの開始時に、このパーマネントの上に経年(age)カウンターを1個置く。その後あなたがこの上に置かれている経年カウンター1個につきアップキープ・コストを1回支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)
トランプル

11/11


Wrexial, the Risen Deep / 目覚めし深海、レクシャル (3)(青)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — クラーケン(Kraken)

島渡り、沼渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが島(Island)か沼(Swamp)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
目覚めし深海、レクシャルがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。あなたはそれを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。このターン、その呪文が墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

5/8


Shipbreaker Kraken / 船壊しのクラーケン (4)(青)(青)
クリーチャー — クラーケン(Kraken)

(6)(青)(青):怪物化4を行う。(このクリーチャーが怪物的でない場合、これの上に+1/+1カウンターを4個置く。これは怪物的になる。)
船壊しのクラーケンが怪物的になったとき、クリーチャーを最大4体まで対象とし、それらをタップする。それらのクリーチャーは、あなたが船壊しのクラーケンをコントロールし続けているかぎり、それらのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。

6/6

初出はアイスエイジPolar Kraken。長い間このカードしか存在しないタイプだったが、高潮のクラーケン/Tidal Kraken第9版再録された際にクラーケンになった(それまでは何故かモンスターだった)。以降、時折新種が登場している。

、または青を含んだ多色にのみ存在する。ほとんどが点数で見たマナ・コスト重い上に色拘束が強い分パワータフネスも高い。それを踏まえての軽いクラーケンの幼子/Kraken Hatchlingもいる。

部族カードリバイアサンタコ海蛇と兼用でウーラの寺院の探索/Quest for Ula's Temple圧倒的な波/Whelming Wave最深淵の海蛇/Serpent of Yawning Depthsが存在する。また、それらのタイプにさらにマーフォークを加えた上昇底流、スリン・ヴォーダ/Slinn Voda, the Rising Deepも存在する。

クラーケン・トークン生成するカードに荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave浅瀬蟲/Reef Wormキオーラ、海神を打ち倒す/Kiora Bests the Sea God不吉な海/Ominous Seasが存在する。

伝説のクラーケンは、統率者レジェンズ現在5枚存在する(「伝説の(Legendary)・クラーケン(Kraken)」でWHISPER検索)。

[編集] 参考

MOBILE