スカースダグの高僧/Skirsdag High Priest

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Skirsdag High Priest / スカースダグの高僧 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

陰鬱 ― (T),あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを2体タップする:飛行を持つ黒の5/5のデーモン(Demon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。この能力は、このターン、クリーチャーが死亡していた場合にのみ起動できる。

1/2

陰鬱条件を満たせば、自身を含むクリーチャー3体のタップだけでフィニッシャー級のクリーチャーを戦場に出せるクレリック

起動条件と起動コストが曲者で、スカースダグの高僧以外に2体のクリーチャーと陰鬱条件を満たすためのクリーチャーの計4体が必要になるため、能力は見た目以上に起動し辛い。陰鬱用クリーチャーに限っては対戦相手のクリーチャーでも構わないが、望みどおりのタイミングで死亡してもらうために除去などを使う場合、結局計4枚以上のカードが必要になる。

クリーチャーが並びやすいウィニーデッキの隠し玉や、複数のクリーチャー・トークンを生み出すギミックを搭載したデッキでの使用が考えられる。スタンダードではトークン生産手段が豊富で、陰鬱の条件も満たしやすいJunk Aristocratsなどで使用されている。

膠着しやすいリミテッドではクリーチャーが並ぶことも多く条件を満たしやすいし、対戦相手に「クリーチャーを戦闘で死亡させると起動される」という重圧もかけられるため強力。

[編集] 参考

MOBILE