スフィンクスの精神壊し/Sphinx Mindbreaker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sphinx Mindbreaker / スフィンクスの精神壊し (5)(青)(青)
クリーチャー — スフィンクス(Sphinx)

飛行
スフィンクスの精神壊しが戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれ自分のライブラリーの一番上からカードを10枚自分の墓地に置く。

6/6

テーマ・ブースター限定カード戦場に出たとき対戦相手達へライブラリー破壊を行うスフィンクス

ライブラリー破壊能力多人数戦対応版の不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkableに相当し、クリーチャーETB能力としてはかなりの枚数を削ることができる。同時収録の深海住まいのタッサ/Thassa, Deep-Dwellingなどの明滅手段と併用すれば、他のライブラリー破壊手段なしでも十分ライブラリーアウトを狙えるポテンシャルがある。しかし、問題となるのはやはりその重さ、と言うよりも大型クリーチャーであるが故の中途半端さか。勝ち手段を二段構えにできるという利点はあるが、ライブラリーアウト狙いならば6/6飛行アタッカーはやや蛇足気味で、ライフを削り切るつもりなら多少のライブラリー破壊はあまり意味がなく(デモコン理論)、それどころか脱出などの墓地利用を助けてしまう危険性すらある。通常の2人対戦では、より軽くて扱いやすい別の選択肢を優先させたほうが無難だろう。

ライブラリー破壊が各対戦相手へ及ぶ点は独特の利点であるため、統率者戦ブロールなどの多人数戦でこそ輝く一枚と言えるだろう。挙げたそれらのフォーマットハイランダー制でもあるため、居場所を確保しやすい点でも向いている。

[編集] 参考

MOBILE