ナバン/Naban

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ナバン/Nabanドミナリアのキャラクター。カードとしてはドミナリアの反復の学部長、ナバン/Naban, Dean of Iterationが初出。

目次

[編集] 解説

ドミナリア/Dominariaトレイリア西部のアカデミー/Academy at Tolaria Westの学部長の一人。人間の男性(イラスト)。

少年の頃に故郷のアルマーズ/Almaaz島を旅立ち、ラト=ナム/Lat-Namアカデミー/Academyで学んだナバンは、今や反復の学部長/The Dean of Iterationとなり、若き魔術師たちに対抗呪文複製呪文の原理を教えている。

[編集] 経歴

[編集] ドミナリアへの帰還 第5話/Return to Dominaria: Episode 5

陰謀団/The Cabalの工作員が潜入しているという噂をもとに、ウェザーライト/Weatherlight号の一行はラフ・キャパシェン/Raff Capashenの母校を訪れる。だがジョイラ/Jhoiraたちを出迎えたナバンとジョダー/Jodahの表情は険しかった。アカデミーでは、まさにその工作員による殺人事件が起こったばかりだったのだ。

ジョイラたちの助力により工作員を捕らえた後、ラフは相手の精神を読む呪文が情報を得る役に立つかもしれないと提案した。だがナバンは部屋を大股で横切り、彼を叱った。精神魔法はその危険性から禁止されており、存在自体、上級魔道士でなければ知らないはずのものなのだと。ラフはまだ読んではいけない本を読んだことを渋々認めたが、ナバンは立腹し、部屋を出て行ってしまった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ドミナリア
反復の学部長、ナバン/Naban, Dean of Iteration、魔術師の反駁/Wizard's Retort魔術師の稲妻/Wizard's Lightning

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

MOBILE