ヘリオッド/Heliod

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヘリオッド/Heliodテーロス・ブロックおよびテーロス還魂記のキャラクター。カードとしてはテーロス太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sunが初出。

目次

[編集] 解説

テーロス/Therosの一柱で、マナに関連する大神。男性。櫛状に枝分かれした2本の角を持つ(イラスト)。

太陽の神であり、世界に日の光をもたらしている。彼の存在は空を光で満たし、定命の者がニクス/Nyxに接触することを防いでいる。

法、正義、応報、血統の絆を司る神でもある。彼は一族の名誉、道徳と美徳の問い、弁論、婚姻、他者を守る英雄的行動、暁の食事、自己犠牲といった物事を統括する。その名はしばしば法的な議事録に用いられ、彼への生け贄は大きな助力、もしくは厳格な正義が必要とされる時に捧げられる。

ヘリオッドは自らを万神殿/Pantheonの主、最も偉大なる神であると豪語するが、実際のところ、彼でさえも最古の神、クルフィックス/Kruphixには敵わない。クルフィックスが「沈黙/Silence」――ニクスへの帰還命令――を宣言すれば、彼とてそれに従わなければならない立場にある。

[編集] 性格

ヘリオッドは陽気で社交的な性格であり、気軽に友人を作り絆を結ぶが、その忠実さは移ろいやすいものである。今日の最大の盟友でさえ、明日彼の天罰の対象にならないとは限らない。

[編集] 持ち物

ヘリオッドは天上からテーロスのいかなる所にも放つことのできる太陽の槍、クルソー/Khrusorを所持する。埋もれた伝説によれば、それをもってアリクスメテス/Arixmethesという大都市が滅ぼされたこともあったという。

[編集] 信仰

太陽の恵みを享受する者、すなわちテーロスのほぼすべての者が彼に感謝をしている――少なくとも建前上の感謝をしている。その中でも特に献身的な崇拝者は、人間ラゴンナ団/The Lagonna Bandケンタウルス/Centaurである。太陽への礼拝のため、ヘリオッドの神殿の多くは屋上庭園を設けている。彼に関する最大の祝日は夏至である。

[編集] 勇者

ヘリオッドは定命の者に試練を課し、達成した者に「太陽の勇者/The Champion of the Sun」の称号を授けている。叙事詩テーリアス/The Theriadに登場する「太陽の勇者」あるいは「女勇者/The Champion」とは一人の人物ではなく、ヘリオッドに認められた歴代の勇者の総称である。

[編集] 経歴

[編集] Godsend, Part I

初めてテーロスを訪れた少女時代のエルズペス・ティレル/Elspeth Tirelは、夜空で争いを繰り広げるヘリオッドとパーフォロス/Purphorosの姿を目撃した。パーフォロスが振るった剣によりニクスが切り裂かれ、封印されていたポルクラノス/Polukranosが定命の者の領域へと落下した。ヘリオッドはパーフォロスの手から剣を叩き落とし、これもまた地上へと落ちていった。彼はナイレア/Nyleaとともにポルクラノスを地上に封印したが、パーフォロスの剣はエルズペスに持ち去られてしまった。

それから何年もの年月が経ち、新ファイレクシア/New Phyrexiaから逃げ延びたエルズペスは、再びテーロスを訪れた。彼女はアクロス/Akrosのヘリオッド神殿にて、剣を返そうとした――ヘリオッドがずっと探し求めてきた剣を。ヘリオッドはその剣をクルソーと同じ槍へと作り変え、「神送り/Godsend」と名づけた。彼は「盗人」たるエルズペスを太陽の熱をもって問いただしたが、エルズペスが魔法の壁で身を守ると、逆にその力に感銘を受けた。彼はエルズペスに試練を課した。その神送りとともにメレティス/Meletisのヘリオッド神殿まで辿り着くこと叶えば、お前は我が勇者となるであろうと。

ヘリオッドはメレティスに住まう自らの神託者、ダクソス/Daxosに告げた。我が勇者となる異邦人の娘の助けとなれと。だがタッサ/Thassaがエルズペスを襲ったことにヘリオッドは怒り、神々が激しく争い始め、とうとうクルフィックスが「沈黙」を命じるまでになった。神々が不在となる中、エルズペスはダクソスとともに、封印から目覚めたポルクラノスを討伐した。こうしてエルズペスは、神話的な活躍をもって太陽の勇者となった。

[編集] Godsend, Part II

それから数ヶ月後、アクロスの人間たちはミノタウルス/Minotaurの軍勢との戦いを制し、勝利の宴を開いた。だがゼナゴス/Xenagosはその宴を儀式として利用し、神の座へと昇った。さらにはエルズペスに幻影を見せ、ダクソスを殺めさせた。ヘリオッドは激怒し、「裏切り者」たるエルズペスを糾弾した。ゼナゴスが神となるのを助けたとして、そして自らの神託者を殺害したとして。

エルズペスは旅の果てに、アジャニ/Ajaniとともにニクスへと入り、ゼナゴスを討った。だが神さえも知らないものを見てきたエルズペスは、ヘリオッドにとって脅威以外の何物でもなかった。彼はエルズペスから神送りを取り返し――それをもってエルズペスの胸を貫いた。そしてアジャニに言い放った。その者を定命の者の領域へと連れていき、エレボス/Erebosにくれてやれ。ニクスで息絶えれば何も残らぬと。

[編集] アクロスのキテオン・イオラ/Kytheon Iora of Akros

数年前。不正規軍/The Irregularsを率いるキテオン・イオラ/Kytheon Ioraは、アクロスを襲う怪物たちを次々に撃退した。そんなキテオンの前にヘリオッドが姿を現し、彼にクルソーを模した槍を授け、試練を課した。エレボスの巨人がアクロスへと向かっている、太陽の勇者となるべくこの槍をもってその巨人を倒せと。キテオンはそれに応え、見事巨人を討ったが……。

[編集] テーロス還魂記

エルズペスを始末してもなお、ヘリオッドの不安は拭えなかった。彼はゼナゴスの神格化と死を目の当たりにして、神というものの脆さを思い知ったのだ。万神殿におけるこの地位は、誰にも手に入れさせはしない――既存の神々にも。彼は多大な労力をかけ、蘇りし者/The Returnedとなっていたダクソスの魂を、亜神として真に蘇らせることに成功した。そして彼に、メレティスから他の神々の痕跡をすべて消し去るよう命じた。

そのような横暴は当然、他の神にとって見過ごせるものではなかった。彼らもまた自らの勇者を選んで亜神へと作り変え、神々の戦が勃発した。この争いにより、死の国/The Underworldと定命の者の領域との間に裂け目が生じ、それを知ったエルズペスは死の国からの脱出を目指してイリーシア/Ilysiaを発った。ヘリオッドはエルズペスの恋人であったダクソスを通して、彼女の脱走の企てを知った。

死の国の出口を目前にしたエルズペスの前に、理性をかなぐり捨てたヘリオッドが立ち塞がった。彼は激しい罵りとともにエルズペスへと突撃し、だがまさにその瞬間、彼の手の中でクルソーは砕け散った――ここは信仰が力を持つ次元/Plane、テーロス。影槍/Shadowspearこそが本物のクルソーだというエルズペスの宣言を皆が信じたことで、真実が書き換えられたのだ。ヘリオッドが膝をつくと、エレボスは笑い、宿敵ヘリオッドを巨岩の下に閉じ込めた。ここでヘリオッドは永遠の時を――あるいは崇拝者たちから忘れ去られるまで――苦しんで過ごすことになるだろう。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

テーロス
ヘリオッドの選抜/Chosen by Heliodヘリオッドの福音者/Evangel of Heliodヘリオッドの使者/Heliod's Emissaryヘリオッドの試練/Ordeal of Heliodヘリオッドの槍/Spear of Heliod
ニクスへの旅
ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod
基本セット2015
ヘリオッドの巡礼者/Heliod's Pilgrim
モダンホライゾン
ヘリオッドの高潔の聖堂/Hall of Heliod's Generosity
テーロス還魂記
ヘリオッドの介入/Heliod's Interventionヘリオッドの巡礼者/Heliod's Pilgrimヘリオッドの神罰/Heliod's Punishment

[編集] フレイバー・テキストに登場

神々の軍勢
太陽神の一瞥/Glimpse the Sun God大アカシカ/Great Hart性急な太陽追い/Impetuous Sunchaser
ニクスへの旅
ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod
基本セット2015
ヘリオッドの巡礼者/Heliod's Pilgrim
From the Vault:Annihilation
神の怒り/Wrath of God
Unstable
アマチュア監督/Amateur Auteur(バージョンC)
テーロス還魂記
払拭の光/Banishing Light栄光を携える者/Glory Bearersヘリオッドの介入/Heliod's Intervention太陽の神のお告げ/Omen of the Sun陽光たてがみのペガサス/Sunmane Pegasus海神の嘲笑/Sea God's Scorn自然への回帰/Return to Nature

[編集] イラストに登場

神々の軍勢
日の出から日没/Dawn to Dusk太陽神の一瞥/Glimpse the Sun God
ニクスへの旅
ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod
From the Vault:Annihilation
神の怒り/Wrath of God
マジック・オリジン
アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akrosニクスの星原/Starfield of Nyx
モダンホライゾン
ヘリオッドの高潔の聖堂/Hall of Heliod's Generosity
テーロス還魂記
ヘリオッドの介入/Heliod's Interventionヘリオッドの神罰/Heliod's Punishment太陽の神のお告げ/Omen of the Sun

[編集] 登場作品・登場記事

テーロス・ブロック
マジック・オリジン
テーロス還魂記

[編集] その他

  • モチーフの一つはギリシャ神話の主神ゼウス[1]。また、太陽の神であることとヘリオッドという名前は、同神話の太陽神ヘーリオス(英:Helios)に由来するものと思われる。

[編集] 脚注

  1. Theroses Are Red (and White, Blue, Black, and Green), Part 2/テーロス、それは赤き者(とか白とか青とか黒とか緑とか)その2Making Magic 2013年10月7日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE