機械正典/Machine Orthodoxy

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

機械正典/Machine Orthodoxyは、ミラディン/Mirrodinにおける新ファイレクシア/New Phyrexiaの5つの体系のひとつであるのマナに列する派閥。その哲学は「信仰」と「結束」。

目次

[編集] 概要

機械正典と呼ばれる信仰のもと、法務官/Praetorである大修道士エリシュ・ノーン/Elesh Nornを頂点に秩序だった階級社会を築いている。

[編集] 教団の成立と目的

ファイレクシア人の物理的志向と熱狂的な宗教体系という矛盾した性質より、宗教の歪な真似事として機械正典は作り出された。 彼らの法と教義は銀白の刻文/the Argent Etchingsと呼ばれるものに刻まれており、それによる輝かしい未来が約束されていると考えている。教団の目的はこの次元/Planeにおける存在を全て変質させるか再利用することによってミラディン全土をファイレクシアの理想郷とすることである。

[編集] 宗派

機械正典にはいくつかの宗派が存在しており、代表的なものは次の3つである。

[編集] 肉体的単一派/The Flesh Singularity

全てのあまねく統一/Total Unityを目指す分派/Sect。

利己的自我を消滅させ、全ての存在の完全なる統合を意味する。彼らは皮膚をその統合を阻害する壁として憎み、嫌悪する。

[編集] 磁器軍/The Porcelain Legion

理想の姿/the Ideal Formを目指す分派。

あらゆる生命の肉体をファイレクシアにとっての理想の姿に変容させることを意味する。

[編集] カーンの使徒/The Apostles of Karn

創造主の神意/the Creator's Destinyを崇める分派。

ファイレクシアの中心となる指導者が必要と考えており、そこにカーン/Karnを据えようとしている。彼らは時にはカーンの侍従であり、時には看守にして拷問者でもある。

[編集] 所属する者

  • 下位修道士、アクシュ/Axsh, lesser cenobite
  • 法官、イザテル/Izathel, High Chancellor
  • 総主教代理尋問官、クタット=ラール/Ktat-Raal, Inquisitor Exarch
  • ノーンの僧侶、カル=シャ/Qal-Sha, Priest of Norn
  • 槽の番人、ザルドロー/Xaldror, Tender of Vats

[編集] 参考

MOBILE