吠え歯のうろ穴/Howltooth Hollow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Howltooth Hollow / 吠え歯のうろ穴
土地

秘匿(この土地はタップ状態で戦場に出る。そうしたとき、あなたのライブラリーのカードを上から4枚見て、そのうち1枚を裏向きに追放する。その後残りをあなたのライブラリーの一番下に置く。)
(T):(黒)を加える。
(黒),(T):各プレイヤーの手札にカードがないなら、あなたはその追放されたカードをそのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。


ローウィン秘匿能力を持つ土地(秘匿ランド)の。黒の秘匿は、すべてのプレイヤー手札がゼロになったときにカードプレイできる。

条件を達成するには、対戦相手の手札を破壊したうえで自分の手札を使い切ることが常套手段だが、これを狙ってやるのはいささか困難だろう。

リミテッドでの条件達成は不可能に近く、採用しないのが無難。構築においてもその厳しい条件から活躍は難しいと思われていたが、モダングリセルシュートヴェールのリリアナ/Liliana of the Veilとの相性を買われ結果を残した。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン秘匿ランドサイクル。特定の条件下で秘匿したカードマナ・コスト支払わずにプレイできる。

シャドウムーアの”目覚めたクリーチャー”("awakened creature")サイクルと対になっている。括弧内は目覚めたクリーチャー。

秘匿したカードをプレイできるかどうかは、起動型能力解決時のみに条件をチェックする。起動時に条件を満たすかは考慮しない。

[編集] ストーリー

昼の世界ローウィン/Lorwynには、夜の世界シャドウムーア/Shadowmoorの怪物が土地に姿を変えて何世代も目覚めの時、大オーロラ/Great Auroraを待っている。

吠え歯のうろ穴/Howltooth Hollowにはうろ穴生まれのバーゲスト/Hollowborn Barghestが封じられている。(変貌前の画像変貌後の画像

[編集] 参考

MOBILE