庁舎の歩哨/Chamber Sentry

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chamber Sentry / 庁舎の歩哨 (X)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

庁舎の歩哨は、これを唱えるために支払われたマナの色1色につき+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(X),(T),庁舎の歩哨の上から+1/+1カウンターをX個取り除く:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。庁舎の歩哨はそれにX点のダメージを与える。
(白)(青)(黒)(赤)(緑):あなたの墓地から庁舎の歩哨をあなたの手札に戻す。

0/0

烈日と同等のP/T決定能力、射撃能力、墓地からの自己回収能力を持った、5色推奨アーティファクト・クリーチャー

トリスケリオン/Triskelionクリーチャーの一種であり、Xマナを使用する点でかの歩行バリスタ/Walking Ballistaを彷彿とさせる。歩行バリスタとの大きな差異は複数の色マナを要求する代わりにマナレシオが大きく向上している点と、火力能力がXマナを要求するタップ能力になり、運用の柔軟さを失った点。特に攻撃と能力の使用を並行して行えなくなったのは痛手といえる。しかし墓地から自己を回収する能力を備えており、5色デッキであれば再利用可能なリソースとして扱える。

様々な制約こそ課されているものの、果てしなきもの/Endless Oneと同水準のマナレシオを保ったままメリット能力を複数持っているのは驚嘆に値する。特に1マナ1/1として扱えるのはアグロへの適性が高い。X=3もあれば中堅戦力としても扱えるようになり、後半は火力でのダメ押しを期待できる有為な一枚となる。

リミテッドでは2色で唱えるだけでも十分優秀なので、大抵のデッキに採用できるだろう。回収能力の起動は現実的ではないため無視することがほとんどだろうが、彩色の灯籠/Chromatic Lanternが同時に手に入ったらぜひ狙いたい。

[編集] ルール

[編集] 参考

MOBILE