成長のらせん/Growth Spiral

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Growth Spiral / 成長のらせん (緑)(青)
インスタント

カードを1枚引く。あなたは、あなたの手札から土地カード1枚を戦場に出してもよい。


多色になりインスタントになった探検/Explore

不確定ながらも2マナインスタント・タイミングでのマナ加速は貴重。本家と同じでアンタップイン土地が出せれば実質1マナである。ザルファーの虚空/Zhalfirin Void等のETB能力もインスタント化することができる。もちろん終盤になっても最低限キャントリップとなり腐らないという探検の長所もしっかり引き継いでおり、ミッドレンジからコントロールランプまで幅広いデッキで採用される。同セットで登場した荒野の再生/Wilderness Reclamationとの相性も良好。

の戦略から見れば、2マナを構えてカウンターと使い分けられる点でインスタントになった利点は大きい。シミック・フラッシュでは火消し/Quench否認/Negateを警戒させて対戦相手の行動を遅らせつつ、エリマキ神秘家/Frilled Mystic夜群れの伏兵/Nightpack Ambusherを擁する4マナ域へジャンプアップさせる役目を担っている。

灯争大戦参入後はニヴ=ミゼット再誕/Niv-Mizzet Rebornを使ったデッキで貴重な2色のマナ加速として採用されることも。

[編集] 禁止指定

2020年8月3日付でメタゲーム内でのランプデッキの弱体化を目的にスタンダード禁止カードに指定された。ローテーションまで残り2ヶ月ではあったが、2019新型コロナウイルス流行によりデジタルゲームの割合が増した結果スタンダードのプレイ数はむしろ増加しており、メタゲームに介入するには充分な理由であると判断された[2]

[編集] 参考

  1. Ravnica Allegiance Promos and Packaging/『ラヴニカの献身』の各種プロモとパッケージ(Card Preview 2018年12月17日)
  2. August 3, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年8月3日 禁止制限告知(Daily MTG 2020年8月3日)
MOBILE