湖に潜む者、エムリー/Emry, Lurker of the Loch

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Emry, Lurker of the Loch / 湖に潜む者、エムリー (2)(青)
伝説のクリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしているアーティファクト1つにつき(1)少なくなる。
湖に潜む者、エムリーが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚、あなたの墓地に置く。
(T):あなたの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とする。このターン、あなたはそのカードを唱えてもよい。(そのコストは支払う必要がある。タイミングのルールも依然として適用される。)

1/2

墓地アーティファクト唱えさせてくれる伝説のマーフォークウィザード

元々3マナとそれなりには軽いが、アーティファクトを展開することで1マナまで軽量化可能。サイズは小さいが、性質上完全にシステムクリーチャーに徹することになるので除去耐性以外の面では問題ではない。

墓地からアーティファクトを唱えることで、カード・アドバンテージを繰り返し獲得でき、破壊されてしまったキーカードの再利用などにも使える。ETB能力で墓地を肥やすため、序盤で出してもこれで多少は準備が可能。

難点は、原則1ターンあたり1枚になることや、タップ能力ゆえに即時使用できないという即効性の低さ。もっとも、1マナで出せる軽さを考慮すれば不十分とは言えないだろう。アーティファクト・クリーチャー跳ね橋/Crashing Drawbridgeなどで速攻を与えるのも手。

パイオニアにおいてはケシス・コンボで採用される。

この手のカードに漏れず真価を発揮するのはモダン以下の環境である。例えばミラディン人のスパイ/Mirran Spyジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancyと言ったアーティファクトを唱えることでこのカードをアンタップできるカードと、墓地か戦場モックス・アンバー/Mox Amberあるいはオパールのモックス/Mox Opalが2枚あれば無限マナを出せる無限ループが可能。そこから最高工匠卿、ウルザ/Urza, Lord High Artificer練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist研磨基地/Grinding Stationで勝つことができる。

リミテッドではある程度アーティファクトが確保できれば活躍できるだろう。黄金の卵/Golden Eggジンジャーブルート/Gingerbruteといった優秀かつ自力で墓地にも送れるコモンが揃っているので、活用できるデッキにするのは容易。

[編集] 開発秘話

モチーフは、アーサー王伝説に登場する「湖の乙女」。水の妖精あるいは魔法使いとされ、アーサー王にエクスカリバーという名の剣を与えるなど、様々な役割を果たす。

開発部は湖の乙女に捻りを加え、湖の中に住むマーフォークとした。また、エクスカリバーを与えたエピソードから、墓地アーティファクト唱える能力が持たされた。これは役割である、「墓地のアーティファクトを手札戻すReconstructionなど)」を拡大したものである[1]

[編集] 脚注

  1. Eldraine Check, Part 1/エルドレイン・チェック その1Making Magic 2019年9月23日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE