記憶盗み/Memory Theft

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Memory Theft / 記憶盗み (2)(黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中から土地でないカード1枚を選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。あなたは、追放領域からそのプレイヤーがオーナーであり出来事(Adventure)を持つカード1枚を、そのプレイヤーの墓地に置いてもよい。


困窮/Distressの亜種。闇の尋問/Dark Inquiryと同等の性能に加えて、進行中の出来事を1枚墓地に置くことができるその上位互換

手札破壊だけでも最低限の性能はあるが、進行中の出来事があれば2枚分の手札破壊に相当する。もっとも、当事者カードクリーチャー部分は普通のカードより性能が劣るため、実際には2枚弱といったところか。

リミテッドなら出来事を使わないということはまずないので、大きなアドバンテージを稼ぐ可能性を持った優秀な手札破壊と言える。構築ではどうしてもそれ以外のカードが多く幅を利かせるため、類似する他のカードを採用した方が無難だろう。今後のメタゲーム次第では評価が変わる可能性も一応ある。

[編集] 参考

MOBILE