ガラスの棺/Glass Casket

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Glass Casket / ガラスの棺 (1)(白)
アーティファクト

ガラスの棺が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー1体を対象とし、ガラスの棺が戦場を離れるまでそれを追放する。


有色アーティファクトになった絹包み/Silkwrap

スタンダード環境ではよく見られる2マナ追放呪文であり、今回は不可解な終焉/Baffling Endからバトンを渡された1枚である。アーティファクト破壊の重要性はエルドレインの王権それ自体で上がっているためガラスに閉じ込めれば万全とまではいかないが、クリーチャーに対して白が2ターン目に講じられる数少ない対策なので有用性は不変であろう。

[編集] 開発秘話

モチーフは、グリム童話ガラスの棺』。悪い魔法使いによってガラスの棺に閉じ込められた少女を、仕立屋の少年が助ける物語である。最初は「金色の檻」としてデザインされたが、『白雪姫』のガラスの棺が有名なのですぐにそちらに変更され、結果的に原典と同じものになった。

払拭の光/Banishing Lightアーティファクト」という大筋は最初から変わっていないが、変更点はいくつかある。まず展望デザインでは「代替マナ・コスト/Alternate mana cost」が試されており、このカードマナ・コストは「(5)または(1)(白)(白)」だった。また、戦場にある間何かを追放することを示す「呪詛/Hex」という能力語を持っていたが、狭いメカニズムだったので削除された[2]

[編集] 脚注

  1. Throne of Eldraine Promos/『エルドレインの王権』のプロモ(Card Preview 2019年9月20日 Chris Gleeson著)
  2. Eldraine Check, Part 2/エルドレイン・チェック その2Making Magic 2019年9月30日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE