議事会の流刑者、ギレッド/Ghired, Conclave Exile

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ghired, Conclave Exile / 議事会の流刑者、ギレッド (2)(赤)(緑)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

議事会の流刑者、ギレッドが戦場に出たとき、トランプルを持つ緑の4/4のサイ(Rhino)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
議事会の流刑者、ギレッドが攻撃するたび、居住を行う。そのトークンはタップ状態で攻撃している状態で戦場に出る。(居住を行うとは、あなたがコントロールしているクリーチャー・トークン1体のコピーであるトークンを1体生成することである。)

2/5

未評価カードです
このカード「議事会の流刑者、ギレッド/Ghired, Conclave Exile」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2019のメイン統率者サイクル能力は収録されている構築済みデッキのテーマに沿ったものになっている。稀少度神話レアで、構築済みデッキには統率者用の大型サイズのプレミアム・カード統率者カード)も封入されている。

[編集] ストーリー

ギレッド/Ghiredラヴニカ/Ravnicaに住む人間シャーマン。男性(イラスト)。

かつてセレズニア議事会/The Selesnya Conclaveの一員だったギレッドは、灯争大戦/War of the Sparkのさなかに、イルハグ/Ilhargの畏敬を呼び起こす顕現を目の当たりにしたことで、グルール一族/The Gruul Clansへとその忠誠を変えた。グルールとなった今でも、彼は自身の動物たちと、セレズニアの魔法への繋がりに対する深い愛情を抱き続けている。彼はその破壊的活動を手伝わせるため、猪などの大型生物を召喚することを躊躇わない。

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

統率者2019
ギレッドの好戦性/Ghired's Belligerence

[編集] フレイバー・テキストに登場

統率者2019
ギレッドの好戦性/Ghired's Belligerence

[編集] 参考

MOBILE