野生の抵抗/Wild Defiance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wild Defiance / 野生の抵抗 (2)(緑)
エンチャント

あなたがコントロールするクリーチャーがインスタント呪文かソーサリー呪文の対象になるたび、そのクリーチャーはターン終了時まで+3/+3の修整を受ける。


自分クリーチャーインスタントソーサリー対象になるたび巨大化/Giant Growth誘発するエンチャント

火力やマイナス修整除去では簡単に死ななくなる。ただし、直接的な破壊追放全体除去能力による除去などは防げないので、あくまでもお守り程度。

自分が唱える呪文でも誘発するため、強化系呪文の効果を増幅するような働きもできる。一気に大ダメージを狙えるので、積極的に利用したい。実際、感染デッキはクリーチャー強化呪文を多用する構成が一般的であり、これの採用率は高い。また、複製ストームなど1体のクリーチャーを複数回対象に取れる呪文、花粉療法/Pollen Remedy力の種/Seeds of Strength(いざとなれば分割火力)などの複数を対象に取れる呪文、名も無き転置/Nameless Inversionのような除去にも強化にも使える呪文との相性も良い。

リミテッドでは、一瞬の散漫/Fleeting Distractionなどの弱体化呪文でも(相対的に)強化できるため、覚えておいて損はない。

  • 呪文1つが複数のクリーチャーを対象にとる場合、クリーチャーそれぞれに対し能力が誘発する。
  • 呪文1つがクリーチャー1体を複数回対象にとっても、能力は1回しか誘発しない。

[編集] 参考

MOBILE