巨大化/Giant Growth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Giant Growth / 巨大化 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+3/+3の修整を受ける。


ブーンズの1つで、のこれは1ターン限りのクリーチャー強化

最も基本的なコンバット・トリックの1つ。対戦相手への戦闘ダメージの上乗せに使えるだけでなく、パワータフネスに3点分の修整が入れば大概クリーチャーのサイズの差は埋まるため、クリーチャー同士の戦闘の勝敗を覆す力を有する。また火力やマイナス修整に対する防御に使われる事も多く、その用途は幅広い。

リミテッドでは、コンバット・トリック呪文として一級品の性能。リミテッドはクリーチャー戦が中心となるフォーマットであるため、言わずもがな数多くの局面で有用。上述した通り戦闘時以外の用途も広く、軽さも相まって、腐る心配がほとんどない。逆に言えば、緑のデッキとのゲームでは常に警戒しておきたいカードとなる。

構築では、収録された時代のメタゲームカードプールによる浮き沈みはあるものの、ビートダウンデッキを中心にしばしば採用される。ストンピィ感染デッキのような、サイズに特化したタイプのデッキで用いられることが多い。

様々な時代に多用なフォーマットで使用され、初心者から熟練者まで数多くのプレイヤーに愛されている1枚である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ブーンズマジック黎明期の基本セットに収録されたサイクルであり、すべて1マナで3つ分の何かを発生させる。

それぞれ各の特徴をよく表しているが、そのカードパワーには大きなばらつきがある。

[編集] 主な亜種

強化インスタントは全てこれの亜種と言えるのだが、ここではコスト修整値が近いものを中心に挙げる。1マナで+2/+2や、2マナで+3/+3のものが多い。

修整値が特に明記されていないものは、+3/+3の修整を与える。

亜種の中でトランプルを同時に与えるものは捕食者の一撃/Predator's Strikeを参照。

亜種の中で呪禁を同時に与えるものはレインジャーの悪知恵/Ranger's Guileを参照。

修正値がクリーチャー数で変動する亜種は大群の力/Might of the Massesの項を参照。

ソーサリーの亜種は超巨大化/Monstrous Growthの項を参照。

[編集] その他

「最も効果的な戦術のみが、時代を越えて生き残る。」
シタヌールの古老、ガメレン

[編集] 参考

MOBILE