提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Goldアーティファクト・タイプの1つ。トークンにのみ用いられているサブタイプである。


Gild / 金箔付け (3)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。金(Gold)トークンを1つ生成する。(それは「このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つアーティファクトである。)


[編集] ルール

このサブタイプ自体に特別なルールは存在しない。

効果が「金(Gold)・トークン生成する」場合、「このアーティファクト生け贄に捧げる:好きな1色のマナ1点を加える。」を持つ、無色の金・アーティファクト・トークンを生成する。

  • このトークンが持つ能力はマナ能力である。
  • このルールはトークンの定義に対してのルールであり、基本土地タイプのように金というサブタイプによってマナ能力を得ているわけではない。

[編集] 解説

テーロス還魂記で新設されたアーティファクト・タイプ。テーロス・ブロック金箔付け/Gildなどで用いられていた同名トークンがアーティファクト・タイプとして定義されたもの。同時に、トークンとしての特性も定義された。

  • 金・トークンの初出から定義されるまでの間には、金・トークンを基に考案された宝物が登場している。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200703.2

引用:総合ルール 20200703.2

MOBILE