雲石の工芸品/Cloudstone Curio

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cloudstone Curio / 雲石の工芸品 (3)
アーティファクト

アーティファクトでないパーマネントが1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、そのパーマネントと同じパーマネント・タイプを持つ、あなたがコントロールする他のパーマネント1つをオーナーの手札に戻してもよい。


アーティファクト以外のパーマネント戦場に出したときに、自分の同じパーマネント・タイプのパーマネントを手札戻せるアーティファクト。

いわば、自分のすべてのカードが開門クリーチャーのような性質を得るカード。ETB能力などを使い回す、パララクスの潮流/Parallax Tideのようにカウンターを消費していくタイプのカードを回収して再利用するなどの用途が考えられる。回収は強制ではなく任意であるため、出したせいで後続を唱えにくくなるようなことがないのも小さからぬ利点。

コンボを組みづらいようにアーティファクトが対象外になってはいるが、それでもなお悪用の余地は大きい。様々な手段で無限ループを作ることが可能で、コボルド魔の魅惑/Alurenフェアリーの大群/Cloud of Faeries炎樹族の使者/Burning-Tree Emissaryなどのフリースペルパーマネントなどを使えば特に簡単にループとなり、さらに無限マナや無限トークンなどに容易に派生させられる。

そこまで極端に特化せずとも、ETB能力持ちなら全般に相性がよい。同じラヴニカ・ブロック内にもETB能力を持つオーラサイクルなどがあるし、また忘れがちだが憑依の中にはETB能力でもあるものも多いため、リミテッドでも意外と使い道が多い。

[編集] 参考

MOBILE