霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Geist-Honored Monk / 霊誉の僧兵 (3)(白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) モンク(Monk)

警戒
霊誉の僧兵のパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールするクリーチャーの総数に等しい。
霊誉の僧兵が戦場に出たとき、飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを2体生成する。

*/*

あなたコントロールするクリーチャーの数だけサイズが大きくなる人間モンク。自身も数に数え、またETB能力で2体のスピリットトークン戦場に出るため、初期値は3/3相当。

本体は警戒持ちのため、攻防に渡って役立つ。ETB能力で出るトークンも飛行持ちのため、攻撃通しやすい。また同エキスパンションには、トークンを生み出すカードなどが他にも多く存在するため、意識してデッキを作れば構築リミテッドを問わず立派にフィニッシャーを務められるだろう。

全体火力などで他のクリーチャーが一掃されてしまうと、霊誉の僧兵も一気にサイズが縮み、場合によっては一緒に除去されてしまう可能性がある点には注意したい。登場時のスタンダードでは、スピリット・トークンが飛行を持つため轟く激震/Rolling Temblorは大丈夫だが、金屑の嵐/Slagstormは脅威となる。さらに後に忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damned電謀/Electrickeryミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortarsなども追加され、苦しくなっている。

  • 霊誉の僧兵が戦場に出てからトークンが出るまでには、スタックに乗ってから解決されるまでのタイムラグがあることに注意。仮に他にクリーチャーがいない場合、ETB能力の解決前はタフネスが1しかないため、霊炎/Geistflameなどを撃たれるだけで除去される。

[編集] 参考

MOBILE